« haresコマンドについてのメモ | トップページ | システムリカバリCDを作る »

2008年1月16日 (水)

Linux上のVCSでNFSのexportfs設定

Linux+VCSでNFSサーバを構築するとき、共有設定を簡単にやるためのスクリプト例。

diskgroup=ディスクグループ

volume=ボリューム

host=対象ホスト

option=そのホストに対してのexportfsオプション

hares -add share-$diskgroup-$volume-$host Share NFS
hares -modify share-$diskgroup-$volume-$host Enabled 1
hares -modify share-$diskgroup-$volume-$host PathName /$diskgroup/$volume
hares -modify share-$diskgroup-$volume-$host Options "$option"
hares -modify share-$diskgroup-$volume-$host Client "$host"

hares -link share-$diskgroup-$volume-$host mount-$diskgroup-$volume
hares -link share-$diskgroup-$volume-$host vNFS_NFS

#activehost=`hares -display mount-$diskgroup-$volume -attribute State |grep ONLINE|awk '{ print $3 }'`
activehost=`hares -state mount-$diskgroup-$volume|grep ONLINE|awk '{ print $3 }'`
hares -probe share-$diskgroup-$volume-$host -sys $activehost
sleep 1
hares -probe share-$diskgroup-$volume-$host -sys $activehost
hares -online share-$diskgroup-$volume-$host -sys $activehost

削除時のスクリプト

diskgroup=ディスクグループ

volume=ボリューム

host=対象ホスト

hares -unlink share-$diskgroup-$volume-$host mount-$diskgroup-$volume
hares -unlink share-$diskgroup-$volume-$host vNFS_NFS

#activehost=`hares  -display share-$diskgroup-$volume-$host -attribute State|grep ONLINE|awk '{ print $3 }'`
activehost=`hares -state share-$diskgroup-$volume-$host|grep ONLINE|awk '{ print $3 }'`

hares -offline share-$diskgroup-$volume-$host -sys $activehost
hares -delete share-$diskgroup-$volume-$host

|

« haresコマンドについてのメモ | トップページ | システムリカバリCDを作る »

Linux」カテゴリの記事

クラスタリング」カテゴリの記事

サーバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/9919658

この記事へのトラックバック一覧です: Linux上のVCSでNFSのexportfs設定:

« haresコマンドについてのメモ | トップページ | システムリカバリCDを作る »