« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月25日 (月)

Windowsサーバ ホスティング メモ書き

ファーストサーバ エクスプレス2
非商用無料のWindowsサーバホスティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月25日のココロ日記(BlogPet)

近いアップには使う本能があるそうです。教科書に書いてありました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

W-SIMな話

・Kako Homepage 小ネタ集 「W-SIMフリークス」 ~ W-SIM(PHSコアモジュール)の解析や応用回路製作 - その2
ここのページはいろいろゲームハードウェアの改造ネタとか自作ネタがあるので、いろいろおもしろくてチェック中。

・マイコン工作実験日記W-SIM
なんと、W-SIMを使った端末を自作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

mtxの使い方

チェンジャーデバイスが/dev/sg?で作られていれば・・・

[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Full :VolumeTag=000001
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 inquiry
Product Type: Medium Changer
Vendor ID: 'HP '
Product ID: 'UHDL '
Revision: '0023'
Attached Changer: No
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 inventory
mtx:inventory failed
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 load 16
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Full (Storage Element 16 Loaded):VolumeTag = 000001

Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

スロット16から持ってきたテープだけど
スロット14にアンロードしてみる
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 unload 14
Unloading Data Transfer Element into Storage Element 14...source Element Address
32 is Empty
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

スロット14から12へ移動させてみる
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 transfer 14 12
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

これを実行したら、hp SSLではマガジンが左右両方ともイジェクトされた
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 eject
マガジン開けっ放しでstatusを実行すると・・・
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
mtx: Request Sense: Long Report=yes
mtx: Request Sense: Valid Residual=no
mtx: Request Sense: Error Code=70 (Current)
mtx: Request Sense: Sense Key=Not Ready
mtx: Request Sense: FileMark=no
mtx: Request Sense: EOM=no
mtx: Request Sense: ILI=no
mtx: Request Sense: Additional Sense Code = 04
mtx: Request Sense: Additional Sense Qualifier = 03
mtx: Request Sense: BPV=no
mtx: Request Sense: Error in CDB=no
mtx: Request Sense: SKSV=no
READ ELEMENT STATUS Command Failed
[root@server root]#
というエラー

ドライブにテープが入っているときに実行してみる
[root@server root]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=0, block number=0, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x49 (Quantum SDLT320).
Soft error count since last status=0
General status bits on (41010000):
BOT ONLINE IM_REP_EN
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Full (Storage Element 12 Loaded):VolumeTag = 000001

Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#


[root@server root]# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: SEAGATE Model: ST373405LW Rev: 0003
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 03
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 05 Lun: 00
Vendor: COMPAQ Model: SDLT320 Rev: 4B4B
Type: Sequential-Access ANSI SCSI revision: 02
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 05 Lun: 01
Vendor: HP Model: UHDL Rev: 0023
Type: Medium Changer ANSI SCSI revision: 02
[root@server root]#


スロット8にバーコード無しを入れてみた

[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Full
Storage Element 9:Full :VolumeTag=SDLT001
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ajaxなtty

AjaxTerm
http://localhost:8022/ に立ち上がる。普通のIPではアクセスできない。
Apache proxyなどでlocalhost:8022にアクセスできるようにする必要がある。

WebTTY
サンプルという位置づけみたい。

PHPTerm
phpを使ったajax term


| | コメント (0) | トラックバック (0)

IME/FEP

Social IME

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

x3250で使えるCPU

IBM x3250 4365PATで使えそうなCPUをリストアップ

実際に機種として採用されているもの

Quad Core
・Xeon x3220 (2.40GHz、1066MHz FSB、8MB L2キャッシュ)
・Xeon X3210 (2.13GHz、1066MHz FSB、8MB L2キャッシュ)

Dual Core
・Xeon 3070 (2.66GHz、1066MHz FSB、4MB L2キャッシュ)
・Xeon 3060 (2.40GHz、1066MHz FSB、4MB L2キャッシュ)
・Xeon 3040 (1.86GHz、1066MHz FSB、2MB L2キャッシュ)
・Pentium D E2160 (1.80GHz、800MHz FSB、1MB L2キャッシュ)
・Pentium D 945 (3.40GHz、800MHz FSB、2x2MB L2キャッシュ)

BIOS更新履歴からみると使えそうな感じのやつ
・Intel E6400 CPU family supported (ver 1.37)
・Support Intel Pentium D E2160 CPU stepping M0.(ver 1.32)
・Added support for Intel Prescott Pentium 4 521 CPU. (ver 1.30)
・Added support for Intel Pentium D E2160 CPU. (ver 1.30)
・Added support for Intel Xeon 3070 CPU. (ver 1.30)
・Added support for Intel PD 925. (ver 1.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SRS WOW HDドライバで音質アップ

ほんとかどうか知らないけど、SRS WOW HDドライバをインストールすると音質があがるらしい。

が、どう考えてもドライバの入手方法に問題がありそうです。
正規の入手方法はないんだろうか?


Great sound enhancer SRS WOW HD released for all Windows Mobile devices!

SRS WOW HDドライバ で音質大幅向上! & Ad[es]等での問題点解決の情報求む!→若干解決したかも?SRS WOW HDドライバ の Ad[es]・[es]・WS004SHでのインストール方法(ただしA2DP未対応。引き続き情報募集!)
日本語の情報
[X01] SRS WOW HD ドライバインスコ\(^O^)/
日本語の情報その2 for Softbank X01T




| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsXPで複数バージョンのIEを共存

WindowsXPで複数バージョンのIEを共存するための手法
Multiple IE
IE3 IE4.01 IE5 IE5.5 and IE6、そしてIE7を切り替えて使用できるようにする。
IE7インストール後に上記URLからファイルを入手してインストールすると
それぞれのバージョンが別個にインストールされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

IME/FEP

WindowsのIME

WinAnthy
Windows用のAnthy, 内部でnkf32.dll使ってる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月16日のココロ日記(BlogPet)

しょぼいめもろさんって意外にかっこいいですね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

OpenPBSとかHPCクラスタのメモ

Open PBSの現在の公式?
TORQUE公式
ジョブスケジューラ TORQUEの利用法
・最適化問題に対する超高速&安定計算のTorque(Open PBS)のインストール&設定ジョブ投入方法
Sun Grid Engineの機能詳細
Globusのwiki
Yumegiwa Grid PukiwikiOpenPBS

BLASTの利用方法
GenBankおよびBlastに関するもの
BLASTのftp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

雑多なツール

Furuta's ジャンクランド
強制ReadyBoost対応
プロダクトキー検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

Solaris10のメモ書き

・cfgadmコマンドでPCI/PCEeの接続状況を確認できる。

# cfgadm pci
Ap_Id Type Receptacle Occupant Condition
pcie1 unknown empty unconfigured unknown
pcie2 unknown empty unconfigured unknown
pcie3 unknown empty unconfigured unknown
pcie4 etherne/hp connected configured ok
pcie5 pci-pci/hp connected configured ok
pcie6 unknown disconnected unconfigured unknown


新しいコンソール出力機能?Coherent Console(Solaris10 8/07以降)
これは自動で有効になっているんだろうか?
どうやらXを起動しない場合の画面出力をフレームバッファ経由にすることができるようなのだが・・・

CPU の電源管理(Solaris10 8/07以降)
/etc/power.confに新規パラメータ「cpupm」が追加
いままであった「autopm」のバリエーションみたいな感じ。

「autopm disable」とか「autopm enable」とか書いていたみたいに「cpupm disable」「cpupm enable」と書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Linuxでハードディスクの省電力

hdparmコマンド
定番、hdparm。ATA/SATA系で利用できる。

sdparmコマンド
hdparmのSCSI系版。
SCSI,USB,IEEE1394,SATA,SASで使える(らしい)。
また、Linuxだけでなく、FreeBSD,Solaris,Tru64,Windowsでも使える。

Colspan blog USB接続HDDをLinuxで省電力稼働
sdparmを使ってUSB接続HDDを制御する例。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

02月08日のココロ日記(BlogPet)

そろそろ近いものが空から降ってきますよ!ココロダムスの予言ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

MimicGps

WILLCOMのWindowsMobile機で、PHS基地局の情報をGPSの情報に置き換えて
WindowsMobile上のGPSソフトを使う

作者ページ
使い方例

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

haguiで使うユーザ

# hauser -add root
VCS WARNING V-16-1-11309 Configuration must be ReadWrite
# haconf -makerw
# hauser -add root
Enter New Password:
Enter Again:
# hauser -list
root
# hauser -display root
root : ClusterGuest
# hauser -addpriv root Administrator
# hauser -list
root
# hauser -display root
root : ClusterAdministrator
#




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンセグ

非暗号USBワンセグを使って録画する

MobileHackerz再起動日記
 本山、「24時間ワンセグ野郎」配布元
eggmanの日記 LOG-J100
UOT-100以外のワンセグで使える物情報1
アキバ工廠 タダでできる動画編集
 LOG-J100の使い方



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »