« 04月30日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | screenとemacs »

2008年4月30日 (水)

ethの認識順

HPのProLiant DL360G5にRedHat Enterprise Linux 5 x86_64 update1をインストールした。
なので、kernelは2.6.18-53.el5。

この状態で、kernelを2.6.18-53.1.14.el5にアップデートして、ProliantSupportPack(PSP)-8.00をインストールして再起動をしてみると、ethの認識順が理解できない。


ハードウェア: hp DL360 G5にhp純正Intel dual port NICを増設
現状はオンボードNIC1をサービスネットワーク、オンボードNIC2をクロスケーブルでHA用としている。


2.6.18-53.el5時代: eth0:bnx2, eth1:bnx2, eth2:e1000, eth3:e1000
2.6.18-53.1.14.el5は・・・

最初に起動させた時および電源onからの時と、起動後、service network stop;rmmod bnx2 e1000;service network startとした場合: eth0:bnx2, eth1:bnx2, eth2:e1000, eth3:e1000
rebootで再起動させた時はいまんところ以下の3パターンを確認。
・eth0:bnx2, eth1:e1000, eth2:bnx2, eth3:e1000
・eth0:bnx2, eth1:e1000, eth2:e1000, eth3:bnx2
・eth0:e1000, eth1:e1000, eth2:bnx2, eth3:bnx2
意味がわからない。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth?でHWADDR=を設定すればそれなりに動くけど、そうすると、今度はパーツ交換時に再設定が必要になって困る。
じゃぁ、どうするか?

/etc/modprobe.confにblacklistを書いてみた。
 blacklist bnx2
 blacklist e1000
 alias eth0 bnx2
 alias eth1 bnx2
 alias eth2 e1000
 alias eth3 e1000

・・・なんとかなったのかな?


|

« 04月30日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | screenとemacs »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/20669519

この記事へのトラックバック一覧です: ethの認識順:

« 04月30日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | screenとemacs »