« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

05月30日のココロ日記(BlogPet)

空を見ると心のことを思い出します……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

Unicode関連 その2

実はその1だけで解決していない

既存のプログラムをどう変えていくかで悩み中

Perlで文字列をHTML数値文字参照に変換
Perl で文字列を数字文字参照に変換する方法


とりあえず↓のような感じにしようかなと

#!/usr/bin/perl

use Encode;
#use utf8;

$str="~";
$str=decode('utf8',$str);


$str2="〜";
$str=~ tr/[\x{ff5e}\x{2225}\x{ff0d}\x{ffe0}\x{ffe1}\x{ffe2}]/[\x{301c}\x{2016}\x{2212}\x{00a2}\x{00a3}\x{00ac}]/;


print utf8::is_utf8($str) ? 'flagged' : 'no flag';
print "\n";

if(utf8::is_utf8($str)){
$str=encode('utf8',$str);

}

print "$str:",str2byte($str), "\n";
print "$str2:",str2byte($str2), "\n";


sub str2byte
{
my $str = shift || return(undef);
my $fmt = shift || '%X';

$str =~ s/(.)/sprintf($fmt, ord($1))/eg;

return($str);
}


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

Unicodeエンコード関連

Unicode正規化
Perlで日本語(ISO-2022-JP)メール送信(まとめ)
perl 5.8における日本語コード変換のメモ
Perl 5.8.x Unicode関連
Perl-5.8 覚え書き
おしえてBP! 標準入力からのutf-8→euc-jpで一部文字化け
Perl/Unicode
[Tcltkjp-develop] TclでCP932→unicode→(iso2022jpやeuc-jp)変換、化けるケースと対処法
JIS X 0213:2004(JIS2004) で本当に文字化けする文字
Perlで作るモバイルサイトのコツ:第4回 [初級~中級] 絵文字・機種依存文字を考慮した文字コードの相互変換

で、問題となってたのは、「~」とかのutf-8からeucjpへのコンバートが失敗してること。
とりあえずこの対応で
$val =~ tr/[\x{ff5e}\x{2225}\x{ff0d}\x{ffe0}\x{ffe1}\x{ffe2}]/[\x{301c}\x{2016}\x{2212}\x{00a2}\x{00a3}\x{00ac}]/;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディスクベンチマーク

fioを用いたディスクIOのパフォーマンス測定
DELL PowerEdge1950の電力測定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

携帯向けサイトのフレームワーク

モバゲーで使っているフレームワーク
SourceForge.jpのMobaSiF
DeNA技師のメモ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

05月23日のココロ日記(BlogPet)

にこっ◇にこっ◇きょうはなんだかかわいいです!えへへ……☆

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

PLANEX NAS-01G

こちらの注意書きも読んでね(2009/08/28)
--------------------------
1. planexからdebian化キット入手
 http://www.planex.co.jp/product/nas/nas-01g/dl.shtml
2. NAS-01Gを起動
3. NAS-01Gの共有:Shareに、debian化キットの中身の
 「backdoor」と「nas01g_debian.tgz」を置く
4. NAS管理画面で共有:debianを新規作成
5. 再起動
6. Shareに置いたnas01g_debian.tgzの中身が共有:debianに展開される
7. sshdが起動してログイン可能な状態になる
8. sshを使ってユーザ名「nas01g」、パスワード「nas01g」でログイン
9. 「su -」でrootユーザになる。パスワードは「password」

Linux debian 2.2.20-pmac #1 Thu Mar 21 17:08:23 EST 2002 ppc unknown

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.

Last login: Tue Jul 24 23:11:45 2007 from 192.168.10.161
nas01g@NAS-01G:~$ df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/hda3 480191188 372228 479818960 1% /
devpts 480191188 372228 479818960 1% /dev/pts
nas01g@NAS-01G:~$ su -
Password:
NAS-01G:~# df -k
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/hda3 480191188 372228 479818960 1% /
devpts 480191188 372228 479818960 1% /dev/pts
NAS-01G:~# uname -a
Linux NAS-01G 2.4.21 #1 Fri Aug 4 16:45:14 CST 2006 ppc GNU/Linux
NAS-01G:~# ps -ef
UID PID PPID C STIME TTY TIME CMD
root 1 0 3 14:39 ? 00:00:09 init
root 2 1 0 14:39 ? 00:00:00 [keventd]
root 3 1 0 14:39 ? 00:00:00 [ksoftirqd_CPU0]
root 4 1 0 14:39 ? 00:00:00 [kswapd]
root 5 1 0 14:39 ? 00:00:00 [bdflush]
root 6 1 0 14:39 ? 00:00:00 [kupdated]
root 7 1 0 14:39 ? 00:00:00 [swapper]
root 8 1 0 14:39 ? 00:00:00 [swapper]
root 9 1 0 14:39 ? 00:00:00 [swapper]
root 10 1 0 14:39 ? 00:00:00 [swapper]
root 11 1 0 14:39 ? 00:00:00 [mtdblockd]
root 12 1 0 14:39 ? 00:00:00 [khubd]
root 13 1 0 14:39 ? 00:00:00 [kjournald]
root 35 1 0 14:40 ? 00:00:00 [kjournald]
root 60 1 0 14:40 ? 00:00:00 /sbin/dhcpcd -h NAS-01G
root 62 60 0 14:40 ? 00:00:00 [eth0.bound1]
root 305 1 47 14:40 ? 00:01:52 /mnt/dms -f /etc/xml dms.xml -r
root 355 1 0 14:40 ? 00:00:00 /sbin/inetd
root 356 1 0 14:40 ? 00:00:00 /sbin/httpd -p 80
root 357 1 0 14:40 ? 00:00:00 /bin/sh /etc/init.d/watchdog.sh
root 369 357 0 14:40 ? 00:00:00 sleep 300
root 381 1 0 14:40 ttyS0 00:00:00 -/bin/sh
root 403 1 0 14:40 ? 00:00:00 /sbin/pnmd
root 414 1 0 14:40 ? 00:00:00 /mnt/mt-daapd -c /mnt/mt-daapd.c
root 415 1 46 14:40 ? 00:01:47 /mnt/mt-daapd -c /mnt/mt-daapd.c
root 418 415 0 14:40 ? 00:00:00 /mnt/mt-daapd -c /mnt/mt-daapd.c
root 419 418 0 14:40 ? 00:00:00 /mnt/mt-daapd -c /mnt/mt-daapd.c
root 422 1 0 14:40 ? 00:00:00 nmbd -D
root 432 1 0 14:40 ? 00:00:00 /usr/sbin/sshd
root 439 432 0 14:43 ? 00:00:00 sshd: nas01g [priv]
nas01g 441 439 0 14:43 ? 00:00:00 sshd: nas01g@ttyp0
nas01g 442 441 0 14:43 ttyp0 00:00:00 -bash
root 444 442 0 14:44 ttyp0 00:00:00 -su
root 448 444 5 14:44 ttyp0 00:00:00 ps -ef
NAS-01G:~# cat /proc/cpuinfo
cpu : 82xx
revision : 16.20 (pvr 8081 1014)
bogomips : 176.94
vendor : Motorola
machine : MPC8241
processor : PVID: 0x80811014, vendor: Motorola
NAS-01G:~# cat /proc/meminfo
total: used: free: shared: buffers: cached:
Mem: 63549440 61485056 2064384 0 13025280 27619328
Swap: 551084032 6041600 545042432
MemTotal: 62060 kB
MemFree: 2016 kB
MemShared: 0 kB
Buffers: 12720 kB
Cached: 24612 kB
SwapCached: 2360 kB
Active: 19476 kB
Inactive: 25716 kB
HighTotal: 0 kB
HighFree: 0 kB
LowTotal: 62060 kB
LowFree: 2016 kB
SwapTotal: 538168 kB
SwapFree: 532268 kB
NAS-01G:~# cat /proc/swaps
Filename Type Size Used Priority
/dev/hda2 partition 538168 5900 -1
NAS-01G:~# cat /etc/fstab
# /etc/fstab: static file system information.
#
#
/dev/hda3 / ext2 errors=remount-ro 0 1
/dev/hda4 none swap sw 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
/dev/fd0 /floppy auto user,noauto 0 0
/dev/cdrom /cdrom iso9660 ro,user,noauto 0 0
NAS-01G:~# cat /proc/mounts
rootfs / rootfs rw 0 0
/dev/root / ext3 rw 0 0
none /proc proc rw 0 0
usbdevfs /proc/bus/usb usbdevfs rw 0 0
/dev/hda1 /mnt ext3 rw 0 0
proc /proc proc rw 0 0
NAS-01G:~#

10. とりあえずapt-get updateのために
/etc/apt/source.listを以下に書き換え
deb ftp://ftp2.jp.debian.org/debian etch main contrib non-free
deb http://non-us.debian.org/debian-non-US stable/non-US main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ etch/updates main contrib non-free

11. そしてapt-get update
12. apt-get upgrade


注1: debianがちゃんと入ると、共有:Shareに置いたtgzは消える
注2: 共有:Shareのbackdoorは運用のために必須。NAS起動時にこのファイルを読み込むため
注3: sshdはchroot環境で動作している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Felicaでログイン

PeopleLogOnFeliCa対応版

Justsystems Felicaサポート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIO VGN-C90SにXPを入れる その2

XPしかブートしなくなったので、Vistaとデュアルブートさせるため
1. .NET Framework ver2.0をインストール
2. VistaBootPRO(http://www.vistabootpro.org/)をインストール
3. vistabootproを起動させて設定


そして、XPドライバインストールの継続

Vistaで起動してドライバ候補の調査
ネットワーク:Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller
 http://www.marvell.com/ からダウンロード
WLAN: Intel PRO/Wireless 3945ABG Network Controller
 http://www.intel.co.jpからダウンロード。
ディスプレイ: Mobile Intel 945 Express Chipset Family
 http://www.intel.co.jpからダウンロード。
 どうやらその1で使ったVistaドライバの流用は駄目っぽい
Sound: Realtek High Definition Audio
 http://www.realtek.com.twから
Modem: HDAUDIO SoftV92 Data Fax Modem with SmartCP
 いつのまにか認識してた

Felica
 http://www.sony.co.jp/Products/felica/pcrw/からダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

05月15日のココロ日記(BlogPet)

さっき新鮮な日記とメンテナンスを買ってきました。明日のお弁当はこれで決まりですね!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIO VGN-C90SにXPを入れる

Vistaで買ったVAIO VGN-C90Sを1年使ったけど、このたびXPにすることに

1. hdd交換。
 裏面で外すねじは2カ所。Felicaマークの裏側くらいのねじと
Fnキーの裏側くらいのねじをはずすと、引っ張って抜ける。
2. XPを入れる
3. SP1を入れる。再起動
4. SP3を入れる。再起動
5. VistaドライブのDrivers\Chipset\setup.exeを実行してチップセットドライバ。再起動
6. drivers\bluetooth\setup.exeを実行、「Bluetooth stack for Windows by Toshiba」。再起動
7. 「大容量記憶装置」→Drivers\Memory_cardを適用
8. 「USB Device」→drivers\FeliCaRWを適用・・・でも最後でエラー
9. drivers\pointing\dpinst.exe・・・必要ないと言われた
10. 「ビデオコントローラ」→drivers\Video1。Mobile Intel 945GM Express Chipset Family
 またもや最後でエラー。とりあえず再起動
11. 再起動しても、8と10はやっぱり駄目なまま
12. drivers\modem\hxfsetup.exeを実行


続きは明日

drivers\audio → vista専用

http://asugi23.web.infoseek.co.jp/diyf/diy88.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

トミーウォーカーのメンテナンスURL

無限のファンタジア側
シルバーレイン側

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

05月08日のココロ日記(BlogPet)

めもろさんと、なんとなく心が通じたかも……そんな気がしました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

screenとemacs

GNU screen と gnuserv と Emacs on tty
anything.el

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »