« ボトルネック調査 | トップページ | jarしかないファイルをWS011SHで »

2008年6月12日 (木)

xming+Javaアプリで日本語入力

シルバーレインでメガリスドライブなるチャットソフトみたいのがリリースされた。
JavaアプリでMacOS X用としてjarファイルも提供されているので、こいつをLinuxで動かしてみた。

まぁ、簡単な話で

1. ダウンロード
2. java 1.6インストール
3. 「java -jar MDrive.jar」

リモート環境にあるCentOS5なLinuxなので、手元のWinXPマシンでxmingの6.9を起動して、puttyでX11転送かけてssh接続して、表示させてるけどね。

問題点は、日本語が入力できない。
簡単な話で、最小限しか入れてないから、X11のFEP関連がないってこと。

anthyでX11でjavaを使えるようにすればおけ?

# yum install scim-anthy

Dependencies Resolved

=============================================================================
Package Arch Version Repository Size
=============================================================================
Installing:
scim-anthy x86_64 1.2.0-5.el5 base 369 k
Installing for dependencies:
kasumi x86_64 2.0.1-1.1.fc6 base 84 k
scim x86_64 1.4.4-39.el5 base 518 k
scim-libs x86_64 1.4.4-39.el5 base 461 k

Transaction Summary
=============================================================================
Install 4 Package(s)
Update 0 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 1.4 M
Is this ok [y/N]:

でもうまくいかない。

http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=1670#p1670

export XMODIFIERS=@im=SCIM export QT_IM_MODULE=scim-bridge export GTK_IM_MODULE=scim-bridge export USE_XOPENIM=t /usr/bin/scim -d &

これで使えるようになったが、標準設定の「ctrl+スペース」だとWindows側で誤作動することがある。
そのため、「scim-setup」を起動して「Shift+スペース」に変更した。

|

« ボトルネック調査 | トップページ | jarしかないファイルをWS011SHで »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/21579257

この記事へのトラックバック一覧です: xming+Javaアプリで日本語入力:

« ボトルネック調査 | トップページ | jarしかないファイルをWS011SHで »