« msiのファイルを編集 | トップページ | SolarisのOS DVDにパッチを当てる »

2008年7月31日 (木)

DS4800メモ

DS4800+EXP810の電源遮断
 電源オフのやりかた
DS4700の電源OFFについて
 I/Oが止まっていれば、キャッシュにデータ入っていても、電源をいきなり切っても大丈夫、というお墨付き
 ただし、3日以内に限る・DS8100、DS4800拡張時に停止が必要な場合
 コントローラに対してキャッシュアップグレードという場合は、場合によってはオンラインのまま可能
 でも、停止した方が安全だよ
DS4800へEXP710ストレージの追加について
 エンクロージャーの追加はオンラインのまま可能ですよ
00252B8B【BrocadeとQlogicのSAN SW混在構成について】
 Brodace FCスイッチとQlogic FCスイッチの相互接続性問題
 Interoperability Modeをonにしましょう。
 でも、そもそも、Brocade FCスイッチで統一しましょうよ
BladeCenter ファイバーチャネル・スイッチの選択について(2004年9月) (xSeries-04-002)
 Brodace FCスイッチとQlogic FCスイッチの相互接続性問題
 混在した場合にできること、できないこと
DS4700 コントローラー交換後の手順
 ここの回答で「コントローラの交換時には、DS4000の停止や再起動は必要ない。WWPNも変更されない。」とか書いてあるが、変更されることもある。
 IBM曰く、コントローラfirmwareのバグだそうな
DS4700を2:1のHA構成の共用ディスクとする際のマッピングについて
 サーバが3台ある時、サービスA:本番機1台、サービスB:本番機1台、サービスA/B共有の予備機1台、という構成はとりにくい、という話。

------
おまけ
------

DS4700のRAID5時パリティ利用について

 このQ&Aで言われている「データ保証コード」は、日立のSANRISE系統のことっぽい
 Q&Aでは、きちんとした言及がないので軽く調べてみた
 説明を見る限りでは、RAID5や6sの処理を行い、各ディスクに書き込むためのデータを作成した後、ディスクに書き込む前の段階で、それぞれデータについてのパリティを付加する、ということらしい。
 つまり、似た機能はDS4700にはない、ということになるっぽい


|

« msiのファイルを編集 | トップページ | SolarisのOS DVDにパッチを当てる »

ストレージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/22681965

この記事へのトラックバック一覧です: DS4800メモ:

« msiのファイルを編集 | トップページ | SolarisのOS DVDにパッチを当てる »