« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

12月27日のココロ日記(BlogPet)

きょうはウイルスについてかんがえてみました!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

独自盤面のCD-R/DVD-Rを作ろう

一部で話題の萌え盤面なCD-R/DVD-Rを作っている台湾メーカ「KUSO

台湾にいったとき、何個か買ったことがあります。

で、最近始まったサービスに、自分で盤面を作って製造してもらうってのがあるようです。

CD-R/DVD-R/VCD/DVD制作過程

たぶん、費用・・・でも、中身も焼いてる?

・・・なんかおもろそう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

Seagate ST31500341ASの問題 その2

2009/01/18 追記
Seagate ST31500341ASの問題 その3を作成しました。
1.5TB HDD以外にも波及しはじめました。

--------------------------------------------------------------------
Seagate ST31500341ASの問題は、Seagateに問い合わせるとfirmwareのアップデータが手に入るらしい。
Thecusのリリースノートに記載されていた通り、「9JU138-300, 9JU138-336ならSD1A以降、9JU138-301ならCC1H以降」が対策完了済みのようだ

アップデータはDOSで動作しており、SATAに接続されているSeagateのHDDに対してアップデートを実施するとのこと。
型番の区別をきちんとしていないという噂もあるため、実行の際は必要なHDDだけをつなげて行った方がよさげ。

firmwareの入手に際しては正攻法の他に、↓のキーワードで検索するという手もあるが、ウイルスには十分注意のこと。
9JU138-300, 9JU138-336用: ST31500341AS_SD1A.zip
9JU138-301用: ST31500341AS_CC1H.zip


ただ・・・・その・・・なんだ、すでに9JU138-301用の出荷はCC1Jに切り替わっている、とかいう噂もあるのが、きにかかるところ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月20日 (土)

12月20日のココロ日記(BlogPet)

めもろさんと、なんとなく心が通じたかも……そんな気がしました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

メモリのSPD書き換え

メモリのSPDを書き換えるツールの紹介

SPDEditor
使い方説明:PowerEdge/SPD書き換え

SPDTool: Read, Edit and Flash your Memory's SPD
なんとなく、こっちのが機能上な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EWF関連

Windows XPのEWF関連で使いやすいようツールを作っているところを発見した

BotchyWorldというところ
EWFのセットアップ
EWFtool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

APCIとACPI

/proc/interruptsを見ると「IO-APIC-edge」のみのサーバと「IO-APIC-edge」と「IO-APIC-level」が混在しているサーバが・・・
dmesgの出力結果を比較してみると割り込み関連の出力がぜんぜん違うし


ちなみに、「IO-APIC-edge」のみのサーバの方が不当に遅い。

調べてみるとどいやらBIOSのACPI関連設定の違いによるもののようだ

BIOS設定でACPIをonにすることで、解消した模様


ちなみに、dmesgの違う部分をdiff -uしてみると↓のような感じ
「-」がACPI onのサーバ、「+」がACPI offのサーバ

-------------------------------------------------------------
-ACPI: RSDP (v002 ACPIAM ) @ 0x00000000000fa720
-ACPI: XSDT (v001 A M I OEMXSDT 04352.01793) @ 0x00000000dfff0100
-ACPI: FADT (v003 A M I OEMFACP 04352.01793) @ 0x00000000dfff0290
-ACPI: MADT (v001 A M I OEMAPIC 04352.01793) @ 0x00000000dfff0390
-ACPI: OEMB (v001 A M I AMI_OEM 04352.01793) @ 0x00000000dfffe040
-ACPI: SRAT (v001 AMD HAMMER 00000.00001) @ 0x00000000dfff56c0
-ACPI: DSDT (v001 W2FBV W2FBV105 00000.00261) @ 0x0000000000000000
+ACPI: RSDP (v002 ACPIAM ) @ 0x00000000000f9440
+ACPI: XSDT (v001 A M I OEMXSDT 01536.01812) @ 0x00000000dfff0100
+ACPI: FADT (v003 A M I OEMFACP 01536.01812) @ 0x00000000dfff0290
+ACPI: OEMB (v001 A M I AMI_OEM 01536.01812) @ 0x00000000dfffe040
+ACPI: SRAT (v001 AMD HAMMER 00000.00001) @ 0x00000000dfff5610
+ACPI: DSDT (v001 WTF2V WTF2V034 00000.00052) @ 0x0000000000000000
ACPI: BIOS passes blacklist
-ACPI: Local APIC address 0xfee00000
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x01] lapic_id[0x00] enabled)
+ACPI: MADT not present
+Intel MultiProcessor Specification v1.4
+ Virtual Wire compatibility mode.
+OEM ID: TEMPLATE <6>Product ID: ETEMPLATE <6>APIC at: 0xFEE00000
Processor #0 15:1 APIC version 16
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x02] lapic_id[0x01] enabled)
Processor #1 15:1 APIC version 16
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x03] lapic_id[0x02] enabled)
Processor #2 15:1 APIC version 16
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x04] lapic_id[0x03] enabled)
Processor #3 15:1 APIC version 16
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x05] lapic_id[0x84] disabled)
-Processor #132 invalid (max 128)
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x06] lapic_id[0x85] disabled)
-Processor #133 invalid (max 128)
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x07] lapic_id[0x86] disabled)
-Processor #134 invalid (max 128)
-ACPI: LAPIC (acpi_id[0x08] lapic_id[0x87] disabled)
-Processor #135 invalid (max 128)
-ACPI: IOAPIC (id[0x04] address[0xfec00000] global_irq_base[0x0])
-IOAPIC[0]: apic_id 4, version 17, address 0xfec00000, IRQ 0-23
-ACPI: IOAPIC (id[0x05] address[0xfebfc000] global_irq_base[0x18])
-IOAPIC[1]: apic_id 5, version 17, address 0xfebfc000, IRQ 24-47
-ACPI: IOAPIC (id[0x06] address[0xfebfe000] global_irq_base[0x48])
-IOAPIC[2]: apic_id 6, version 17, address 0xfebfe000, IRQ 72-78
-ACPI: IOAPIC (id[0x07] address[0xfebff000] global_irq_base[0x4f])
-IOAPIC[3]: apic_id 7, version 17, address 0xfebff000, IRQ 79-85
-ACPI: INT_SRC_OVR (bus[0] irq[0x0] global_irq[0x2] polarity[0x0] trigger[0x0])
-ACPI: INT_SRC_OVR (bus[0] irq[0x9] global_irq[0x9] polarity[0x1] trigger[0x3])
-Using ACPI (MADT) for SMP configuration information
+I/O APIC #4 Version 17 at 0xFEC00000.
+I/O APIC #5 Version 17 at 0xFEBFC000.
+I/O APIC #6 Version 17 at 0xFEBFE000.
+I/O APIC #7 Version 17 at 0xFEBFF000.
+Processors: 4

@@ -298,7 +291,7 @@
ACPI: Subsystem revision 20030619
PCI: Using configuration type 1
ACPI: Interpreter enabled
-ACPI: Using IOAPIC for interrupt routing
+ACPI: Using PIC for interrupt routing
ACPI: System [ACPI] (supports S0 S1 S4 S5)
ACPI: PCI Root Bridge [PCI0] (00:00)
Transparent bridge - PCI device 10de:005c (nVidia Corporation)
-------------------------------------------------------------


APICの資料について探したら、マイクロソフトのものが一番よさげ
Microsoft Hardware Devepoler Central: ユニプロセッサ PC での APIC ベースの割り込みサブシステムの実装の重要性について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate ST31500341ASの問題

2009/01/18 追記
Seagate ST31500341ASの問題 その3を作成しました。
1.5TB HDD以外にも波及しはじめました。

--------------------------------------------------------------------
Seagate Barracuda 7200.11の1.5TB SATA HDD(ST31500341AS)にて、firmwareの重大な問題が出ています。

[条件]
・OSを問わない
・複数のディスクでRAIDを組んでいる
・ディスクに下記のP/Nとfirmware revisionが記載されている
Seagate P/N: 9JU138-300, 9JU138-336 の SD15, SD16, SD17, SD18
Seagate P/N: 9JU138-301 の CC1G
(注: 9JU138-300, 9JU138-336のSD18は違う、という情報もあるが・・・おそらく問題ありだと思う)

[現象]
・30秒ほどアクセスが止まることがある
・低速で長時間データを転送すると発生しやすい

[対処]
・firmwareのアップデータは公開されていない
 問題があったらメーカー問い合わせ
・HDDのwrite cacheをoffにするとひとまず回避できるらしい、という噂


大きく知られるきっかけになった記事
1.5TB Barracuda freezes: Seagate speaks out

上の記事を補足するような内容の記事
Seagate’s “random freeze” problem: worse than reported?


小規模NASベンダ各社のST31500341ASに対する対応
QNAPの場合
 write cacheをdisableにする専用NAS firmwareを用意
Thecusの場合
 9JU138-300, 9JU138-336ならSD1A以降、9JU138-301ならCC1H以降を使ってくれ
Netgear/Infrant ReadyNASの場合
 Seagateに問い合わせてくれ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PhotoShop CS4とGPU

[GPU機能を使うと何ができるのかとか]
GPU と OpenGL の機能と制限(Photoshop CS4/Photoshop CS4 Extended)

どういう機能があって、どういう機能を持っているカードならいいのか?という情報は↓
GPU accelerated features in Photoshop CS4 and Bridge CS4
基本はShader Model 3.0 + OpenGL 2.0

[サポートしているグラフィックカードリスト]
Graphics Acceleration (GPU) support in Adobe Creative Suite 4 applications

↓のリストの方が新しい感じ
List of tested graphics display cards for Photoshop CS4


Radeon HD 48xxとか47xxならokっぽいが、Radeon HD4350ぐらいのランクでも大丈夫なのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

Thecus N7700

Thecus(シーカス)N7700は、サポートファイルシステムに「zfs」が記載されている。
なので、ひょっとして、OSはOpenSolaris?と期待していた。

で、downloadに、GPLなソースファイルが置かれているのを発見。
ダウンロードしてみた・・・

Linux kernel: 2.6.23
zfs-fuse-0.5.0

あ・・・さいですか・・・fuse使ってんのね・・・ちぇっ・・・つか、fuse zfsで大丈夫なんだろうか?
いろんな意味で。


kernel/driverディレクトリにあるもの

cloop-2.622  iscsitarget-0.4.16  open-iscsi-2.0-865.15

source/applicationディレクトリにあるもの

LVM2.2.02.29           expect-5.43          mk_ipx.sh           openvpn-2.0.7
Linux-PAM-0.99.3.0 ext2resize-1.1.19 mk_mencoder.sh pciutils-3.0.0
MPlayer-1.0rc2 fuse-2.7.2 mk_mysql.sh php-5.1.2
acl-2.2.41 gd-2.0.33 mk_snmpd.sh portmap_5beta
acpid-1.0.4 grub-0.97-kd mk_source.sh pure-ftpd-1.0.22
attr-2.4.28 hotplug-2004_03_29 mt-daapd-0.2.4 reiserfsprogs-3.6.19
bios-cmos-1.0 httpd-2.0.54 mysql-5.0.33 samba-3.0.30
bootloader ifenslave-1.1.0 ncpfs-2.2.6 scons-0.97.0d20071212
busybox-1.1.0 iptables-1.4.0 net-snmp-5.4 sg3-utils-1.24
cgic205 iscsitarget-0.4.16 netatalk_2.1.dev smartmontools-5.36
cmd jpeg-6b netkit-base-0.17 sqlite
cups-1.1.23 krb5-1.6.2 netkit-ftp-0.17 sysklogd-1.4.1
db-4.2.52 libdaemon-0.10 netkit-ftp-0.17.12 util-linux-ng-2.13.0.1
ddsnap libiconv-1.9.2 nfs-utils-1.0.7 wget-1.10.2
des libpng-1.2.8-config nfs4acl-0.8 wireless_tools.28
device-mapper.1.02.24 libupnp-1.2.1 ntp-4.2.4p5 zfs-fuse-0.5.0
e2fsprogs-1.40.2 mars_nwe nut-2.2.2 zlib-1.2.3
ether-wake mdadm-2.6.4 openssh-4.2p1
ethtool-3 mk_http_php.sh openssl-0.9.8a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

bモバイル 3GとSIM free端末

bモバイル
電話にでんわ: b-mobile 3G を Nokia で使う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

12月12日のココロ日記(BlogPet)

めもろさんの困る顔が見たいですっ

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

spam系サイトリスト その4

以下の様なキーワードを使って広告spamを行っているサイトリスト
「○○のことなら」
「○○の情報を 話題のサイトで探そう!」
「○○の情報や 無料動画がいっぱい!」

もちろん、「○○のことなら」と書いてあっても、きちんとしているサイトは除外していますよ。
たとえば、「サーバのことなら」と書いてあるパソコンショップとか、「perlの情報が満載」と書いてあるIBMとかw

--- 2008/12/11 追加分 ---
no1ch.tv
navirin.jp
kantansc.com
select5.biz

--- 2008/12/13 追加分 ---
newlife.bz
become.co.jp


--- 2008/12/17 追加分 ---
angelo55.info
choice-5.biz
eall-web.com
popsearch.jp

--- 2009/01/01 追加分 ---
ehoh.net

--- 2009/01/05 追加分 ---
manualnet.net
latz.jp
topselect.jp
inkkey.net

--- 2009/01/07 ---
sakkuri.info
shiawase-life.net

--- 2009/01/10 ---
hikaku1ban.jp


--- 2009/01/20 ---
eitherside.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

BIOSファイルから対応CPUを調べる

wiki@nothingのNEC Express5800/S70 タイプSD > S70(SD) BIOS解析によるバージョン毎CPU対応一覧で方法を発見。

ct35zのページIntel Microcode Listを使う

手持ちのIBM x3250の最新BIOSを調査

C:\download\ibm>C:\download\ibm\intelmicrocodelist.exe
Intel Microcode List ver0.4

ファイルをここにドラッグ&ドロップして、Enterキーを押して下さい。
C:\download\ibm\flashfil.fls
CPUID=6F4 UpdateRev=26 2006/03/12 Checksum=DA8E97D1 PlatformID=0,2,4,5,6,7
CPUID=6F5 UpdateRev=33 2006/05/01 Checksum=6A962F22 PlatformID=0
CPUID=6F6 UpdateRev=C6 2007/03/07 Checksum=B1BFF977 PlatformID=0
CPUID=6F5 UpdateRev=33 2006/05/01 Checksum=6A962ED3 PlatformID=4,6
CPUID=6F7 UpdateRev=66 2007/03/08 Checksum=FEA82C68 PlatformID=4
CPUID=6F2 UpdateRev=56 2007/03/08 Checksum=ECFB6EE8 PlatformID=0
CPUID=6FB UpdateRev=B3 2007/03/14 Checksum=54AD9BF0 PlatformID=4
CPUID=6FB UpdateRev=B3 2007/03/14 Checksum=54AD9BFF PlatformID=0
CPUID=6FD UpdateRev=A1 2007/03/13 Checksum=020EA906 PlatformID=0
CPUID=F65 UpdateRev=07 2006/04/26 Checksum=B1D162E2 PlatformID=2
CPUID=F64 UpdateRev=04 2005/12/23 Checksum=C66DBF02 PlatformID=2,4,5
CPUID=F43 UpdateRev=05 2005/04/21 Checksum=77812C17 PlatformID=0,2,3,4,7
CPUID=F49 UpdateRev=03 2005/04/21 Checksum=F85D53B8 PlatformID=0,2,3,4,5,7
CPUID=F41 UpdateRev=17 2005/04/22 Checksum=326135C1 PlatformID=0,2,3,4,5,7

終了します。何かキーを入力して下さい。

これをnothingの記述に当てはめると・・・


CPUID=6F2 UpdateRev=56 2007/03/08 Checksum=ECFB6EE8 PlatformID=0
Xeon 3040/3050 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0
Core2 Duo E6300/E6400 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0
Core2 Duo E4300/E4400 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0
Pentium Dual-Core E2140/E2160 (L2) CPUID=06F2h; PlatformID=0


CPUID=6F4 UpdateRev=26 2006/03/12 Checksum=DA8E97D1 PlatformID=0,2,4,5,6,7
CPUID=6F5 UpdateRev=33 2006/05/01 Checksum=6A962F22 PlatformID=0
CPUID=6F5 UpdateRev=33 2006/05/01 Checksum=6A962ED3 PlatformID=4,6

CPUID=6F6 UpdateRev=C6 2007/03/07 Checksum=B1BFF977 PlatformID=0
Xeon 3040/3050/3060/3070 (B2) CPUID=06F6h; PlatformID=0
Core2 Extreme X6800 (B2) CPUID=06F6h; PlatformID=0
Core2 Duo E6300/E6320/E6400/E6420/E6600/E6700 (B2) CPUID=06F6h; PlatformID=0


CPUID=6F7 UpdateRev=66 2007/03/08 Checksum=FEA82C68 PlatformID=4
Xeon X3210/X3220 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4
Core2 Extreme QX6700/QX6800 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4
Core2 Quad Q6600 (B3) CPUID=06F7h; PlatformID=4


CPUID=6FB UpdateRev=B3 2007/03/14 Checksum=54AD9BFF PlatformID=0

CPUID=6FB UpdateRev=B3 2007/03/14 Checksum=54AD9BF0 PlatformID=4
Xeon X3210/X3220/X3230 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4
Core2 Extreme QX6800/QX6850 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4
Core2 Quad Q6600/Q6700 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=4


CPUID=6FD UpdateRev=A1 2007/03/13 Checksum=020EA906 PlatformID=0
Core2 Duo E4400/E4500/E4600 (M0) CPUID=06FDh; PlatformID=0
Pentium Dual-Core E2140/E2160/E2180/E2200/E2220 (M0) CPUID=06FDh; PlatformID=0
Celeron Dual-Core E1200/E1400/E1500 (M0) CPUID=06FDh; PlatformID=0

Xeon 3065/3075/3085 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0
Core2 Duo E6540/E6550/E6750/E6850 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0
Core2 Duo E4700 (G0) CPUID=06FBh; PlatformID=0

CPUID=F41 UpdateRev=17 2005/04/22 Checksum=326135C1 PlatformID=0,2,3,4,5,7
CPUID=F43 UpdateRev=05 2005/04/21 Checksum=77812C17 PlatformID=0,2,3,4,7
CPUID=F49 UpdateRev=03 2005/04/21 Checksum=F85D53B8 PlatformID=0,2,3,4,5,7
CPUID=F64 UpdateRev=04 2005/12/23 Checksum=C66DBF02 PlatformID=2,4,5
CPUID=F65 UpdateRev=07 2006/04/26 Checksum=B1D162E2 PlatformID=2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cygwin

Windows環境でUNIX POSIX likeな環境を構築し、GNU Toolsなどを利用できるようにするCygwin

日本語環境だと若干問題ありな場合あり。
特にファイル名あたりで。

その解決方法の1つ
Life with Cygwin 20. UTF-8 Cygwin

TeraTermのcygterm機能使うんだったら、導入したほうがいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

PLANEX NAS-01Gについて

最近、「NAG-01G」というキーワードで訪問する人が多いようです。
以前書いた「PLANEX NAS-01G」が閲覧されているようですが・・・そのページには書いてない重要な情報が1つ


NAG-01Gは、Linux boxとしては役に立たないですよ。
あまりのつかえなさにそっこー売り飛ばしました。

だいたい、ベースのカーネルが2.2.20ってなめてんのかと。
kernel-2.2.20の土台の上に、無理矢理chrootでkernel-2.4.21を動かすというやりかたなので、タダでさえ少ないメモリがさらに消費されて・・・

chrootで動かしている・・・という状態なので、kernel-2.4.21の世界から、kernel-2.2.20の世界で構築されているNASの機能をいじることはできない。


こんなクソNAS使うんなら、中古のLinkstation買って、HDD載せ替えとかやった方がいいと思いますよ。
手順についてはここらへんのリンクを参考のこと。

うちでは失敗させちゃったけど^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Mobile機でLinuxでAndroid

ASUSのP535という携帯でLinux+Androidを動かすことができるらしい。

Huang Xiao's Google Site: Android running on Asus P535
Huang Xiao's Google Site: Porting Steps for Android on Asus P535 (in English)


あと、HTCなWindows Mobileで動かすという話もあるらしい
xda-developers > Kaiser > Kaiser ROM development : Google Android and Linux for KAISER!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

IBMのCellブレード

そういや、去年、IBMのCellブレードをちょっとさわったな、とdmesgを貼ってみる
ちなみに、IBM Cell Blade QS20ということだったんだけど、どうやら、MERCURY Computer SystemのOEMっぽい


[user3@localhost ~]$ dmesg
Using Cell machine description
Page orders: linear mapping = 24, virtual = 16, io = 16
Found initrd at 0xc000000001b00000:0xc000000001d33800
Starting Linux PPC64 #1 SMP Wed Mar 21 10:24:39 CET 2007
-----------------------------------------------------
ppc64_pft_size = 0x0
physicalMemorySize = 0x40000000
ppc64_caches.dcache_line_size = 0x80
ppc64_caches.icache_line_size = 0x80
htab_address = 0xc00000003f000000
htab_hash_mask = 0x1ffff
-----------------------------------------------------
Linux version 2.6.20-CBE (root@blade.bsc.es) (gcc version 4.1.1 20070105 (Red Hat 4.1.1-51)) #1 SMP Wed Mar 21 10:24:39 CET 2007
*** 0000 : CF000012

*** 0000 : Setup Arch
[boot]0012 Setup Arch
Entering add_active_range(0, 0, 8192) 0 entries of 256 used
Entering add_active_range(1, 8192, 16384) 1 entries of 256 used
Node 0 Memory: 0x0-0x20000000
Node 1 Memory: 0x20000000-0x40000000
no ISA ranges or unexpected isa range size,mapping 64k
mmio NVRAM, 1024k at 0x2401fb00000 mapped to d000080080060000
Zone PFN ranges:
DMA 0 -> 16384
Normal 16384 -> 16384
early_node_map[2] active PFN ranges
0: 0 -> 8192
1: 8192 -> 16384
On node 0 totalpages: 8192
DMA zone: 7 pages used for memmap
DMA zone: 0 pages reserved
DMA zone: 8185 pages, LIFO batch:0
Normal zone: 0 pages used for memmap
On node 1 totalpages: 8192
DMA zone: 7 pages used for memmap
DMA zone: 0 pages reserved
DMA zone: 8185 pages, LIFO batch:0
Normal zone: 0 pages used for memmap
*** 0000 : CF000015

*** 0000 : Setup Done
[boot]0015 Setup Done
Built 2 zonelists. Total pages: 16370
Kernel command line: root=/dev/VolGroup00/LogVol00 ro console=hvc0 rhgb quiet
IIC for CPU 0 target id 0xe : /interrupt-controller@20000508400
IIC for CPU 1 target id 0xf : /interrupt-controller@20000508400
IIC for CPU 2 target id 0x1e : /interrupt-controller@30000508400
IIC for CPU 3 target id 0x1f : /interrupt-controller@30000508400
spider_pic: node 0, addr: 0x24000008000 /interrupt-controller@24000008000
spider_pic: node 1, addr: 0x34000008000 /interrupt-controller@34000008000
PID hash table entries: 4096 (order: 12, 32768 bytes)
time_init: decrementer frequency = 14.318000 MHz
time_init: processor frequency = 3200.000000 MHz
Console: colour dummy device 80x25
Dentry cache hash table entries: 131072 (order: 4, 1048576 bytes)
Inode-cache hash table entries: 65536 (order: 3, 524288 bytes)
freeing bootmem node 0
freeing bootmem node 1
Memory: 1020416k/1048576k available (4288k kernel code, 28160k reserved, 704k data, 493k bss, 320k init)
Calibrating delay loop... 28.60 BogoMIPS (lpj=57216)
Mount-cache hash table entries: 4096
Processor 1 found.
Processor 2 found.
Processor 3 found.
Brought up 4 CPUs
Node 0 CPUs: 0-1
Node 1 CPUs: 2-3
migration_cost=551,3292
NET: Registered protocol family 16
iommu: disabled, direct DMA offset is 0x80000000
PCI: Spider MMIO workaround for /pci@24004000000
PCI: Probing PCI hardware
mapping IO 24007000000 -> d000080000000000, size: 1000000
get_bus_io_range(): unexpected region 0x1000000->0x1000000
get_bus_io_range(): unexpected region 0x1000000->0x1000000
PCI: Probing PCI hardware done
SCSI subsystem initialized
libata version 2.00 loaded.
NET: Registered protocol family 2
IP route cache hash table entries: 8192 (order: 0, 65536 bytes)
TCP established hash table entries: 32768 (order: 3, 524288 bytes)
TCP bind hash table entries: 16384 (order: 2, 262144 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 32768 bind 16384)
TCP reno registered
checking if image is initramfs... it is
Freeing initrd memory: 2254k freed
Total HugeTLB memory allocated, 0
io scheduler noop registered
io scheduler anticipatory registered (default)
io scheduler deadline registered
io scheduler cfq registered
Generic RTC Driver v1.07
Serial: 8250/16550 driver $Revision: 1.90 $ 4 ports, IRQ sharing disabled
RAMDISK driver initialized: 16 RAM disks of 131072K size 1024 blocksize
loop: loaded (max 8 devices)
NO SYSTEMSIM BOGUS DISK DETECTED
Spidernet version 2.0 A (sdk).
PHY ID: 2060c1, addr: 1
Found BCM5461.
Initialized device eth0.
PHY ID: 2060c1, addr: 1
Found BCM5461.
Initialized device eth1.
eth0: bogus network driver initialization
No IRQ retreived
tun: Universal TUN/TAP device driver, 1.6
tun: (C) 1999-2004 Max Krasnyansky
Uniform Multi-Platform E-IDE driver Revision: 7.00alpha2
ide: Assuming 33MHz system bus speed for PIO modes; override with idebus=xx
SiI680: IDE controller at PCI slot 0000:00:0a.0
SiI680: chipset revision 2
SiI680: BASE CLOCK == 133
SiI680: 100% native mode on irq 51
ide0: MMIO-DMA , BIOS settings: hda:pio, hdb:pio
ide1: MMIO-DMA , BIOS settings: hdc:pio, hdd:pio
Probing IDE interface ide0...
hda: FUJITSU MHV2040AS, ATA DISK drive
ide0 at 0xd001080080af0080-0xd001080080af0087,0xd001080080af008a on irq 51
Probing IDE interface ide1...
Probing IDE interface ide1...
hda: max request size: 64KiB
hda: 78140160 sectors (40007 MB) w/8192KiB Cache, CHS=65535/16/63, UDMA(33)
hda: cache flushes supported
hda: hda1 hda2 hda3
Fusion MPT base driver 3.04.03
Copyright (c) 1999-2007 LSI Logic Corporation
Fusion MPT SAS Host driver 3.04.03
mice: PS/2 mouse device common for all mice
IPv4 over IPv4 tunneling driver
TCP cubic registered
NET: Registered protocol family 1
NET: Registered protocol family 10
NET: Registered protocol family 17
Freeing unused kernel memory: 320k freed
usbcore: registered new interface driver usbfs
usbcore: registered new interface driver hub
usbcore: registered new device driver usb
ohci_hcd: 2006 August 04 USB 1.1 'Open' Host Controller (OHCI) Driver (PCI)
device-mapper: ioctl: 4.11.0-ioctl (2006-10-12) initialised: dm-devel@redhat.comkjournald starting. Commit interval 5 seconds
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
device-mapper: multipath: version 1.0.5 loaded
EXT3 FS on dm-0, internal journal
kjournald starting. Commit interval 5 seconds
EXT3 FS on hda2, internal journal
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
Adding 2031488k swap on /dev/VolGroup00/LogVol01. Priority:-1 extents:1 across:2031488k
ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
process `sysctl' is using deprecated sysctl (syscall) net.ipv6.neigh.lo.base_reachable_time; Use net.ipv6.neigh.lo.base_reachable_time_ms instead.
PHY ID: 2060c1, addr: 1
eth0: link is down trying to bring it up
eth0: link is down trying to bring it up
eth0: no IPv6 routers present
[user3@localhost ~]$ lspci -v
0000:00:0a.0 IDE interface: Silicon Image, Inc. PCI0680 Ultra ATA-133 Host Controller (rev 02) (prog-if 85 [Master SecO PriO])
Subsystem: Silicon Image, Inc. PCI0680 Ultra ATA-133 Host Controller
Flags: bus master, medium devsel, latency 0, IRQ 51
I/O ports at 01f0 [size=8]
I/O ports at 03f0 [size=4]
I/O ports at 01f8 [size=8]
I/O ports at 0370 [size=4]
I/O ports at 06f0 [size=16]
Memory at 24070000000 (32-bit, non-prefetchable) [size=256]
[virtual] Expansion ROM at 24000000000 [disabled] [size=512K]
Capabilities:

0001:00:03.0 Ethernet controller: Toshiba America Unknown device 01b3 (rev 02)
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 31
Memory at 24020004000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]

0002:00:03.0 Ethernet controller: Toshiba America Unknown device 01b3 (rev 02)
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 32
Memory at 34020004000 (32-bit, non-prefetchable) [size=4K]
[user3@localhost ~]$ uname -a
Linux localhost.localdomain 2.6.20-CBE #1 SMP Wed Mar 21 10:24:39 CET 2007 ppc64 ppc64 ppc64 GNU/Linux
[user3@localhost ~]$ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
cpu : Cell Broadband Engine, altivec supported
clock : 3200.000000MHz
revision : 5.1 (pvr 0070 0501)

processor : 1
cpu : Cell Broadband Engine, altivec supported
clock : 3200.000000MHz
revision : 5.1 (pvr 0070 0501)

processor : 2
cpu : Cell Broadband Engine, altivec supported
clock : 3200.000000MHz
revision : 5.1 (pvr 0070 0501)

processor : 3
cpu : Cell Broadband Engine, altivec supported
clock : 3200.000000MHz
revision : 5.1 (pvr 0070 0501)

timebase : 14318000
platform : Cell
machine : CHRP IBM,0200-250
[user3@localhost ~]$ /sbin/lsmod
Module Size Used by
autofs4 31336 2
xt_tcpudp 5112 0
iptable_filter 5248 0
ip_tables 24704 1 iptable_filter
x_tables 23928 2 xt_tcpudp,ip_tables
binfmt_misc 15308 1
spufs 94448 1
dm_multipath 26192 0
dm_snapshot 24688 0
dm_zero 3568 0
dm_mirror 29752 0
dm_mod 82112 9 dm_multipath,dm_snapshot,dm_zero,dm_mirror
ehci_hcd 41492 0
ohci_hcd 30556 0
usbcore 170888 3 ehci_hcd,ohci_hcd
[user3@localhost ~]$

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

12月05日のココロ日記(BlogPet)

今週のブログ妖精界でのヒットソングは「アクセスのラブソング」みたいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

Linuxでシリアルコンソールとか

しげふみメモ: Conserverでコンソールを管理
 Conserverというコンソール管理ツールの紹介
 リアルシリアルケーブル接続の他、IPMIのSerial On LANを経由して接続でも統合して管理できる。

しげふみメモ: screenでシリアルコンソール接続
 ZDnet: Linuxでシリアルコンソールを使うに紹介されているscreenコマンドでシリアルにアクセスする方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

xenのコマンド

RedHat Enterprise Linux 5(RHEL5)/CentOS5で使うもの?

・仮想マシンの作成
  # virt-install
・仮想マシンの作成、コンソールonly版
  # virt-install --nographics
・仮想マシンの設定ファイル置き場
  /etc/xen/
・仮想マシンの作成
  # xm create 仮想マシン名
・起動している仮想マシンリスト
  # xm list
・起動している仮想マシンのコンソールに入る
  # xm console 仮想マシン名
・xm consoleで入ったコンソールの抜け方
  Ctrl + [
・仮想マシンに仮想ハードディスクの追加
  1. ddでイメージファイル作成
  2. /etc/xen/にある設定ファイルを書き換えて上記ファイルを追加
  3. 仮想マシン起動
  4. fdiskでパーテーション設定
・仮想マシンのCPU割り当て率の確認
  # xm sched-credit -d 仮想マシン名
  {'cap': 5, 'weight': 256}
  #
  ・weight: 全体の中での割り当て率設定。標準が256
  ・cap: 実CPU単独で見た場合に、どれだけ使用していいか。標準は制限なし
      100がCPU 1個使える。
・仮想マシンのCPU割り当て率の変更
  たとえば意図的に遅くしたい場合とかに使う
  capの場合
  # xm sched-credit -d 仮想マシン名 -c 数値
  weightの場合
  # xm sched-credit -d 仮想マシン名 -w 数値

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

perlとapacheとsqlite

apacheでperl CGIの中でsqliteをDBD::SQLite経由で使っている時
apacheのerror_logに以下のメッセージが出力されることがある

[Mon Dec 01 21:44:26 2008] [error] [client <IPアドレス>] closing dbh with active statement handles during global destruction., referer: http://<URL>

たぶん、ここらへんの話

DeNA 技師のメモ:Perl DBI: MySQL から SQLite への移行
Charsbar::Note: DBD::SQLiteとprepare

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

perlでモジュールがインストールされているか確認

どこで拾ってきたのかわからないコード
↓の例だと、モジュールとして「Jcode」「DBI」「DBD::SQLite」が使えるか
また、「jcode.pl」が同じディレクトリに配置されているか確認するもの

------------------------------------------------------------
#!/usr/bin/perl

print "Content-type: text/plain\n\n";

print "perl version: $] (",sprintf("%vd", $^V),")\n\n";

my @modules = qw(
Jcode
DBI
DBD::SQLite
);

my @libs = qw(
jcode.pl
);

foreach (@modules){
print "$_: ";
eval "use $_;";
print (eval "\$${_}::VERSION" || 'not available');
print "\n";
}

print "\n";

foreach (@libs){
eval "require '$_';"
and print "requre '$_': OK\n"
or print "requre '$_': NG\n";
}

print "\n";
------------------------------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »