« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

IBM x3550のServeRAID-8kが問題児な件

IBM x3550で使われているオンボードRAIDのServeRAID-8k。
firmwareはAdaptec社開発っぽいですが、こいつが結構問題児。
SATAでRAID1組んでると、よくミラーが外れる。

ディスク交換しても、外れやすい。
そもそも、ディスク不良っぽい感じの現象は起きてない。

なんだろうなぁ・・・と思っていたら、漏れ聞こえてきたのは、SATAのリンク速度を3Gbpsにしてると不安定。1.5GbpsにすればOK、という話。

確かに、x3650のサポート情報にこんな記述が・・・
ServeRAID-8kのfirmwareをbuild 15407以降に、バックプレーンのfirmwareを1.07以降に、することで解消できるが、アップデートできない場合、1.5Gbps固定設定を行え。
という意味と思っていたんだが、どうやら違うらしい。


というのは、上記ページは2008-05-12更新、でも、私がIBMから話を聞いたのは最近・・・

x3550では未だに解消されていない現象の様です。
主原因はSATA/SASバックプレーンの問題で、リンク速度が安定せず、ディスクがオフラインになってしまうらしい。

しかも、特定メーカのHDDでのみ起こるとか・・・
ちなみに、x3550で採用されているディスクはH社 or W社。どっちが該当するのかは秘密。


いつになったら対策完了版のfirmwareが出るのかなぁ・・・
このままディスコンまで出ないような気もするけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

01月27日のココロ日記(BlogPet)

そろそろ、シンガポールに旅行なんて行ってみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

Seagate 問題: まとめ 2009/01/26 15:30

2009/01/26 15:30時点でのまとめ
なお、Diamond Max 22については、なじみがないので記述を省いてます。
(2009/01/26 18:00 現象について加筆しました)


Barracuda 7200.11でどういう問題が発生しているのか?
・1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
・いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題


1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
対象機種は?
・ST31500341AS firmware version SD1Aより前のもの
・ST31500341AS firmware version CC1Hより前のもの

どういう現象が発生するのか?
・30秒くらいアクセスが止まる(プチフリーズとか表現される)

どういう場合に発生するか?
・低速で長時間にわたる書き込みを行っている場合

一時的に対処する方法はあるか?
・ライトキャッシュを無効にする

ちゃんとした対応は?
・firmware バージョンをSD1AもしくはCC1H以降にアップデートすること

アップデートの方法は?
・アップデートツールは一般公開されていない。SEAGATEにサポートメールを送るともらえる。
・怪しげな入手方法で取得したアップデータにより壊れたという事例もあるので注意。

いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題
対象機種は?
・下記型番のfirmware SD??であるものの一部(CC??,LC??は対象外)
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS
・下記型番のfirmware SD15~SD19の一部(SD1Aは修正済み,CC??とAD14は対象外)
ST31000340AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS, ST3640530AS,ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
・下記型番のfirmware SN06より前のものの一部(SN06は修正済み)
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

「~の一部」ってどういうこと?
・すべてが対象ではなく、ある特定のロットでのみ発生する現象。
・シリアル番号によって対象かどうかは判断できる。[チェックページ]


どういう現象が発生するのか?
・BIOSから認識するものの容量が0MBと認識される(LBA=0問題)
・BIOSから認識されないorBusyとなる(BSY問題)
・両方併せてBRICKED(レンガ化=漬け物石=使えない固まり)と言われることもある。

どういう場合に発生するのか?
・電源を入れる際。(つまり動かしっぱなしなら問題は起きない)

発生する確率はどれくらいあるのか?
・Seagate社公式の見解としては、通常の不良率の範囲内に収まるものであり、特に異常なほど壊れやすくなっていると言うわけではない。
・通常のRMAとして本来は対処するものだが、不良率を下げたいという顧客要望により今回はアップデータを提供する。
・Seagate社としてはアップデートを推奨するものではない。

一時的に対処する方法はあるのか?
・ディスクの電源を切らない。(電源ON時に発生する可能性があるため)

認識しなくなったら対処の方法はあるのか?
・ハードディスク内部にデータ自体は残っており、削除はされていない。
・再認識させる方法はあるらしいが、現状では一般公開はされていない。
 (HDDにシリアルで接続して、直接コマンドを入力すると再認識できるらしい)

ちゃんとした対応は?
・firmwareバージョンをアップデートすること。
・このアップデートはあくまで電源ON時に認識しなくなる可能性があることに対するもので、そのリスクを下げるためのもの。

アップデートツールの入手方法は?
・機種にあわせたページからダウンロード。ものによってはメールで入手。
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

アップデートトラブルシューティング
・アップデートの際は、該当機種だけつなぎましょう
他のものをつないでいると、そちらまでアップデートをかけようとしてしまいますので、外しておきましょう。


BRICKEDの原理について、いろいろ非公式情報あるみたいだけど?
・非公式情報のまとめ
・ログ領域が0~320まであり、数日に1つの割合で増えていく。
・320まで行くと0に戻るが、320に行った段階で電源を落とすと0に戻らなくなる。
・これが原因で認識しなくなる。
・このため320回中、1回発生する、といえる。こういうと多く見える。
・でも、これ、パーセンテージに直すと0.3125%。少なく見えない?
・結局は見せ方の問題でしかない気が・・・
・そもそもディスクなんて毎日クラッシュする可能性を秘めているわけで・・・なんてね


以下は現時点での公式ページからのコピー

--------------------------------------------------
Firmware Recommendations for Barracuda 7200.11, ES.2 SATA, and DiamondMax 22 Drives [207931]

A firmware issue has been identified that affects a small number of Seagate Barracuda 7200.11 hard drive models which may result in data becoming inaccessible after a power-off/on operation. The affected products are Barracuda 7200.11, Barracuda ES.2 SATA, and DiamondMax 22.

Based on the low risk as determined by an analysis of actual field return data, Seagate believes that the affected drives can be used as is. However, as part of our commitment to customer satisfaction, Seagate is offering a free firmware upgrade.

Please see below for instructions.

In the unlikely event your drive is affected and you cannot access your data, the data still resides on the drive and there is no data loss associated with this issue. If your drive is no longer accessible, click here to contact us directly for further assistance.

Please use the following tools and instructions to determine if you have one of the affected products. If your drive is affected, we recommend that you update the firmware on the disk drive to prevent this condition.

Follow these steps to determine if a firmware update is necessary for your drive:

1. Click here for instructions on how to determine your model and serial number.

2. Click here to use the model number check utility.

3. Click here to use the serial number check utility.

4. Download Firmware:

If both the model number and serial number check utilities advise you to update your firmware, choose your model from the following table for further instructions:

Barracuda 7200.11
ST31000340AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS, ST3640530AS,ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS


Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

DiamondMax 22
STM31000340AS, STM3750330AS, STM3500320AS
STM31000334AS, STM3320614AS, STM3160813AS


If you need assistance updating your firmware you can email us directly at disksupport@seagate.com

Please include the following disk drive information: serial number, model number, and current firmware revision.

We will respond to your email request with appropriate instructions.
--------------------------------------------------

--------------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS, ST3640330AS, ST3640530AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS [207951]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11
Firmware Affected
SD15, SD16, SD17, SD18, SD19

Models Affected
ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS

ST3640330AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.
ST3640530AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, please call us at 1-800-SEAGATE.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11

Models Affected

ST31500341AS
ST31000333AS
ST3640323AS, ST3640623AS
ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS


Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

* Note: If your drive has CC or LC firmware, your drive is not affected and no further action is required. Attempting to flash the firmware of a drive with CC or LC firmware will result in rendering your drive inoperable.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

!!WARNING!!
The software and information in this article could be data destructive and/or render your hard drive inoperable if not followed carefully. It is always recommended to keep a backup of critical data.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda ES.2
Models Affected
ST3250310NS
ST3500320NS
ST3750330NS
ST31000340NS

Recommended Firmware Update
SN06 is the latest firmware *


Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

*Please email discsupport@seagate.com to request a firmware upgrade if your drive is on a release earlier than SN06.

Please include "ES.2" in the subject line of your email request for proper routing.

--------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャストシステムのInternet DiskをWeb DAVとして使う

ジャストシステムの提供しているInternet Diskというサービス。
これはWebDAVで実装されています。

しかし、公式で配布されているiDiskマネージャは、特定のフォルダ(標準ではMy InternetDisk)の内容を同期させるという機能しかありません。
このため、ファイル容量が大きくなっていくと、同期処理に時間がかかってしまいます。
また、せっかくオンライン接続していても、同期をとらない限りは最新の情報がサーバ上に送られないため、ちょっと使い勝手が悪いところがあります。

他のWebDAVクライアントを使って楽できないものでしょうか?

・・・できます。
他のWebDAVクライアントを使用して、ドライブレターを割り当て、オンラインのまま使用することができます。

ただし、Windows 2000/XPなどのWebフォルダでは使用できません。


個人向け(Home Use)であれば無償で使用できるNetDriveが丁度いいと思います。
この記事を書いている時点では「NetDrive 1.0.8.11」が最新です。
インタフェースは英語しかありませんが、Windows XPで見る限りでは、きちんと日本語のファイル名も使用できています。

まずは、普通にインストールしましょう。
次にサイトの登録です。
・「Site name」
なんでもいいです。わかりやすい名前をつけましょう。

・Server Type
「WebDav」を選択します。

・「Site IP or URL」
http://www.idisk-just.com/~ユーザ名/file/
ユーザ名はInternetDiskのユーザ名です。

・「Port」
ひとまず「80」で設定します。

・Drive
割り当てを行いたいドライブレターを選択します。

・Account
InternetDiskのユーザ名を指定します。
メールアドレスで設定されているはずです。

・Password
InternetDiskのパスワードを指定します。


次に[Advanced]ボタンを押します。
開いたウィンドウで以下の設定を行います。

・Encoding
「UTF-8」を指定します。

・Use HTTPS
経路の暗号化を行いたい場合(httpsで通信を行いたい場合)は、チェックを入れます。

設定を行った後、「Connect」をクリックすれば接続されます。
そのほかの細かい設定については、よきにはからってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate 問題:パーツナンバーの枝番とラベル記述

Seagateのハードディスクは、STで始まる型番の他に、「P/N(パーツナンバー)」がつけられています。
パーツナンバーはHDDに貼ってあるラベルの中に「P/N: 6桁-3桁」の書式で記載されています。

基本的に6桁部分が型番に相当するものではありますが、型番が同じでも基板が大きく変わったりすると、6桁部分が変更になる場合があります。

で、後ろの3桁部分は何を表しているかと言いますと、出荷体制みたいなものを表しているようです。


「-300」もしくは「-301」であれば、Seagate社が直接販売したもの。
「-303」などの場合はSeagate社からOEM向けに出荷したもので、基本的には出荷した先でパソコンなどに組み込まれることを想定したもの、という感じのようです。

この3桁部分が違うと、実はラベルの印刷に差が現れます。

・「-300」(ST31000333AS)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-301」(最近)
Need Support? Visit www.Seagate.com.

・「-301」(ちょっと前)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-302, -303, -304」
This drive is manufactured by Seagate for OEM distribution. For product information or technical support, please contact your system OEM.

・「-305」(7200.10系)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact


まぁ、OEM向けなのかどうか、一目瞭然という感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

Seagate 問題: 順調にアップデート作業中

すでに発病してしまったST31000340ASについては、残念ながら使用可能な状態にもっていくことはできませんでした。

しかし、それ以外の、まだ発病していない新品のHDDに対しては正常にアップデートが行えています。

・ST31000340AS P/N:9BX158-303 firmware SD15
・ST3750330AS P/N:9BX156-303 firmware SD15
・ST3500320AS P/N:9BX154-303 firmware SD15

総計で50台くらいやってますかね
いまのところ問題はでていないようです。


=== 2009/01/23 19:00 追記 start ===
UnderForge of Lackさんとこで産地が、という話が出てますので、ついでに情報を・・・

今回アップデートを行ったのは以下のものです。

・ST31000340AS
9BX158-303 SD15 09136 WUXISG 中国
9BX158-303 SD15 09192 KRATSG タイ

・ST3750330AS
9BX156-303 SD15 08412 AK8PR シンガポール
9BX156-303 SD15 09097 KRATSG タイ
9BX156-303 SD15 09102 KRATSG タイ
9BX156-303 SD15 09135 KRATSG タイ

・ST3500320AS
9BX154-303 SD15 09072 KRATSG タイ
9BX154-303 SD15 09155 KRATSG タイ
9BX154-303 SD15 09246 KRATSG タイ

あと、現状で対象外になっているものは以下です。
・ST31000333AS
9FZ136-300 CC1F 09215 TK タイ
9FZ136-301 CC1H 09241 WU 中国

・ST3500320AS
9BX153-304 AD14 08484 WUXISG 中国

・ST3320613AS
9FZ162-301 CC1F 09191 TK タイ

他にアップデータ待ちとして、以下がいます。
・ST31000333AS
9FZ136-300 SD15 09186 TK タイ

・ST3320613AS
9FZ162-300 SD11 08386 TK タイ

・ST3250310NS
9CA152-302 SN04 08386 WUXISG 中国


ST3250310NSについては、メールしても返事は無い状態です・・・

参考までに・・・
=== 2009/01/23 19:00 追記 end ===

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

Seagate 問題: Barracuda 7200.11の対応firmwareのリリース開始

ついに以下の機種用のfirmwareが公開されはじめました。

ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

ST3640330ASとST3640530ASについてはメールをくれ、とのこと。

なお、機種によって、firmwareが違うので注意してください。


そして、一番重要なこと。


しばらく様子見た方が、いいと思うよ

--------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

* Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11
* Models Affected
* Firmware Affected
SD15, SD16, SD17, SD18, SD19

ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS

ST3640330AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3640530AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, please call us at 1-800-SEAGATE.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.

---------------------------------------------------------

=== 2009/01/22 17:45 追記 start ===

で、手持ちのすでにLBA=0現象が発生してしまったST31000340AS firmware:SD15に適用してみました。
結果、無事に「SD1A」へのアップデート「は」、成功しました。

しかし、相変わらずLBA=0と、容量が正常に認識されない状態です。

どうやら、このfirmware適用は、今後起こらないようにする予防処置のようです。
すでに現象が発生してしまっているものに対して、このfirmware適用だけでは、対応できないのではないかと思われます。

まぁ・・・問い合わせは出してみますけどね・・・

=== 2009/01/22 17:45 追記 end ===

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate 問題:非公式情報(2009/01/22 10:00)

とりあえず昨日から情報のアップデートはナシ
強いて言えば、昨日の夕方にメールで送付した、ES.2のfirmware要求について、いまだに返事がないくらいかな・・・


SeagateにはCommunity Forumsがあり、そこにはいろいろな投稿がされています。
また、いくつかのサイトで興味深い投稿もあります。

その中から興味深いものは・・・

・Barracuda ES.2 SATAのアップデートに問題あり。
機能提供が開始された、Barracuda ES.2 SATA(ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS)のSN06へのfirmwareアップデータですが、問題が生じているようです。

SN05→SN06は正常に動作するようですが、SN04→SN06へのアップデートが失敗し、ディスクが見えなくなるようです。

ネタ元:Have anyone has problem with ES2 ?


・firmware CC1HとCC1Jは同じもの
1.5TB HDDのライトキャッシュ問題関連で、対策済みと言われている「CC1H」と、それの次に出ているという「CC1J」について、実は同じもので、生産段階から対策済みのものが「CC1J」になっている・・・という噂。
でも、手元にシール印刷が「CC1H」となっているHDDと、CC1Hへのアップデータが存在しているので、これは、眉唾ものかな・・・

ネタ元: 当blogへのコメントに、seagate livechatからの転載として投稿あり

・現象の詳細・・・らしきもの
自称Seagate技術者が、slashdot.orgに現象の詳細を記載。
これまでの情報から判断する限りでは、真実に近い気がする・・・

ネタ元: Seagate社製HDD問題、アメーバブログにも波及http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1232524673/742slashdot

・HDDのメンテナンスコネクタ経由でコマンドたたいて強制再認識
おそらく、上記のslashdot.org話で触れられている「不良ログを記録するエリアを320個」のカウンタ値をどうにかする、ってことなんだろうなぁ、というもの。
これ、どう考えても、Seagate社内から手順が出てきているだろ・・・

ネタ元: UnderForge of Lack:M`aider Mayday!経由でMSFN forums: The Solution for 7200.11 Seagate HDDs:
図解付き解説:MSFN forums: The Solution for Seagate 7200.11 HDDs

| | コメント (2)

2009年1月21日 (水)

Seagate 問題:いい加減、情報確定しないかなぁ・・・(2009/01/21 13:00 JST)

いつのまにか、「SV35シリーズ」が対象から消えていました・・・そして、「manufactured through December 2008」が復活しました。

また、ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340ASについて、
対象firmwareから「AD14」が抜けたあげく、「対応バージョン:SD1A」という記述が消え、検証中となりました。

まだまだ二転三転しそうです。

-------------------------------------------------
Firmware Recommendations for Barracuda 7200.11, ES.2 SATA, and DiamondMax 22 Drives [207931]

Welcome, Seagate hard drive owners. A number of Seagate hard drives from the following families may become inaccessible when the host system is powered on:

* Barracuda 7200.11
* DiamondMax 22
* Barracuda ES.2 SATA

Once a drive has become affected the data becomes inaccessible to users but the data is not deleted. Seagate has isolated this issue to a firmware bug affecting drives from these families manufactured through December 2008.

Please use the following tools and instructions to determine if you have one of the affected products. If your drive is affected, we recommend that you update the firmware on the disk drive to prevent this condition.

To identify your drive, retrieve the model number, serial number and firmware revision without removing your drive. There are multiple methods:


1. Seagate DriveDetect.exe method (recommended)
Click here to download Drive Detect:
When running Drive Detect you will see a screen like this. Look for the drives that are attached:
In the example above the Drive Name is the same as the Model: ST31500341AS, the serial number is 9VS00J20 and the firmware revision is SD1A.


2. Device Manager Method :
Use Microsoft Windows Device Manager to see the model numbers of your disk drive.
- Choose Start | Run | type: devmgmt.msc
- Click Ok.
- Expand the Disk Drive branch to see the model numbers:


3. Seatools for Windows Method:
Download SeaTools for Windows which displays all of the required information.

After determining your serial, model and firmware revision please attempt to find your model in the following list of affected models. If you have one of these drives you can choose it from the list for model-specific instructions to update the firmware.

* Barracuda 7200.11
ST31000340AS, ST3750330AS, ST3640330AS, ST3500320AS,
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS,
ST3320813AS, ST3160813AS

* Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

* DiamondMax 22
STM31000340AS, STM3750330AS, STM3500320AS,
STM31000334AS, STM3320614AS, STM3160813AS

If you need assistance updating your firmware you can email us directly at disksupport@seagate.com Please include the following disk drive information: serial number, model number, and current firmware revision. We will respond to your email request with appropriate instructions.
-------------------------------------------------

-------------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]

!!WARNING!!
The software and information in this article could be data destructive and/or render your hard drive inoperable if not followed carefully. It is always recommended to keep a backup of critical data.

This article applies to the following models:

* Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11
* Models Affected
ST3500320AS
ST3640330AS
ST3750330AS
ST31000340AS
* Firmware Affected
SD15, SD16, SD17, SD18, SD19
* Recommended Firmware Update Status
In Validation*

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

*Note: This file has been temporarily taken offline as of Jan 19, 2008 8PM CST for validation.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, your drive is not affected.
If you are still unsure if this applies to your drive, please submit an email to disksupport@seagate.com. Please enter the model number, serial number, and firmware revision into the subject line of the email.
-------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate 問題:Barracuda ES.2 のみ情報更新あり

先ほど、下記ページの情報更新がありました。

Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS については、firmware SN06が最新である。
firmwareがSN06より前のものを使用している人はメールで連絡しろ。
また、そのメールのサブジェクトには「ES.2」という文字を入れておくこと。

とのことです。

---------------------------------------
This article applies to the following models:

Drive Family
・Seagate Barracuda ES.2
Models Affected
・ST3250310NS
・ST3500320NS
・ST3750330NS
・ST31000340NS
Recommended Firmware Update
・SN06 is the latest firmware *

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

*Please email disksupport@seagate.com to request a firmware upgrade if your drive is on a release earlier than SN06.

Please include "ES.2" in the subject line of your email request for proper routing.
---------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

Sagate Barracuda 7200.11 問題 まとめ 2009/01/20 10:00

=== 2009/01/21 11:15 追記 start ===
Barracuda ES.2のみ情報更新されました。こちらに記載しています。
=== 2009/01/21 11:15 追記 end ===
=== 2009/01/20 15:45 追記 start ===
ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS用に公開されていたfirmware updaterですが、問題があったようで2009/01/20 11:00(Jan 19, 2008 8PM CST)に公開停止処分となっています。
そして、恥ずかしいことに記事のタイトルが2008になっていたので修正。
=== 2009/01/20 15:45 追記 end ===


Barracuda 7200.11でどういう問題が発生しているのか?
・1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
・いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題


1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
対象機種は?
・ST31500341AS firmware version SD1Aより前のもの
・ST31500341AS firmware version CC1Hより前のもの
どういう場合に発生するか?
・低速で長時間にわたる書き込みを行っている場合
一時的に対処する方法はあるか?
・ライトキャッシュを無効にする
ちゃんとした対応は?
・firmware バージョンをSD1AもしくはCC1H以降にアップデートすること
アップデートの方法は?
・アップデートツールは一般公開されていない。SEAGATEにサポートメールを送るともらえる。

いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題
対象機種は?
・下記型番のfirmware SD??であるもの(CC??,LC??は対象外)
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS
・下記型番のfirmware SD15~SD19およびAD14(SD1Aは修正済み,CC??は対象外)
ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS
・下記型番のもの
ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS
ただし、実際に現象が発生しているものは、生産工場およびロットの傾向が固定されているようで、ある一定の時期に固まっている模様である。このため、本来対象となるべきものは範囲が狭いようだ。

どういう場合に発生するのか?
・電源を入れる際。(つまり動かしっぱなしなら問題は起きない)
一時的に対処する方法はあるのか?
・ディスクを使わない・・・だそうな
認識しなくなったら対処の方法はあるのか?
・ハードディスク内部にデータ自体は残っており、削除はされていない。
・再認識させる方法はあるらしいが、現状では一般公開はされていない。
 (HDDにシリアルで接続して、直接コマンドを入力すると再認識できるらしい)
ちゃんとした対応は?
・firmwareバージョンをアップデートすること。
アップデートツールの入手方法は?
・機種にあわせたページからダウンロード。ただし、現状、未公開のものもあります。
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

アップデートトラブルシューティング
・アップデートの際は、該当機種だけつなぎましょう
他のものをつないでいると、そちらまでアップデートをかけようとしてしまいますので、外しておきましょう。

・同じハードディスク型番でもパーツナンバーが違うと対応が違います。
たとえばST31500341ASだと、以下の3種類が確認されています。
「9JU138-300」, 「9JU138-336」, 「9JU138-301」
このうち、-300と-336のfirmwareはSD??シリーズですが、-301はCC??シリーズといった違いもあります。

ST31000340ASだと、以下の2種類です。
「9BX158-300」, 「9BX158-303」


現在「Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]」で公開されているアップデートツールではP/Nの末尾が-300のもののみを対象としているようです。
P/N末尾-303のものはツール上ではリストアップされるものの、実際には適用できないようになっています。
これは、-303はOEM向けに出荷されているバージョンで、Seagate社から直接顧客向けに出荷していないためであると言われています。
このため現状では、Seagate社の方針が変わるか、実際に販売した会社経由でアップデートツールが提供されるのを待つか、しかないようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

Seagate ST31500341ASの問題 その4

とりあえず、現状でできることだけを簡単にまとめてみました。「Sagate Barracuda 7200.11 問題 まとめ 2009/01/20 10:00
------------------------------------------
Seagate騒動、2009/01/19 16:00(JST)での情報です。

いままでに収集した情報をまとめると下記のような感じです。

・工場のロット単位での不具合
・firmwareの修正でなんとかなる範囲
・該当時期がよくわからないが、おそらく2008年11~12月出荷分が該当するようだ。
・シリアル番号チェックページはなくなり、該当機種の該当firmwareならfirmwareをアップデートする、という指示に変更
・このため、おそらく、本来対象じゃないのに、firmware updateが必要になる場合がある
・firmwareのバージョンが「CC??」もしくは「LC??」なら問題なし(ただし、1.5TBの場合、CC1Hより前だと問題あり)
・firmwareのバージョンが「SD??」だと駄目かも?

=== 2009/01/19 22:00 追記 start ===
Seagate提供のfirmware アップデートツールについての注意

・下のリンクで掲示しているISOイメージを使ってfirmwareアップデートを行うと失敗する場合があるようです。がんばれる人以外は様子を見た方がよいかもしれません。
・該当するSATAディスク以外のSATAディスク/PATAディスクを接続した状態でfirmwareアップデートを実行すると失敗する場合や、関係ない他のディスクのfirmwareをアップデートしようとしてしまう場合があるようです。実行の際は、該当するものだけをつないでから実行しましょう。
・SATAカードで接続している場合、ディスクを認識しない場合があります。
=== 2009/01/19 22:00 追記 end ===


日本でハードディスクを販売しているCFD販売から、下記のリリースが出てきました。
CFD販売:Seagate社製ハードディスクの一部報道につきまして
---------------------------------------------------
2009年1月19日 CFD販売株式会社

 平素は弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 この度、一部報道におきまして、Seagate社製ハードディスク「Barracuda 7200.11」に不具合が確認された、との発表がありましたが、正式な説明が日本Seagateより弊社へ来ておりません。

 現在問い合わせ中です。

 正式な対応方法が決まり次第、告知させていただきますので、しばらくお待ち下さい。

以上
---------------------------------------------------


以下は、現段階でのseagate knowlegde baseの内容
---------------------------------------------------
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

* Note: If your drive has CC or LC firmware, your drive is not affected and no further action is required. Attempting to flash the firmware of a drive with CC or LC firmware will result in rendering your drive inoperable.

The firmware update for drives indicated as "In Validation" means the update is currently in testing and should be available soon.

[上記概要]
firmwareが「CC??」もしくは「LC??」以外だったら、後ほどリリースされるfirmwareを適用すること。

おそらく、「SD??」というfirmwareが対象になると想定される。
ちなみに、firmware CC??とLC??は制御基板が異なるものらしい。
---------------------------------------------------


---------------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

If your drive has one of the following firmware revisions: SD15, SD16, SD17, SD18, SD19, or AD14, click here to download the SD1A update.

Please see How do I use a bootable ISO image downloaded from your site?
for assistance burning a CD using an ISO image.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, your drive is not affected.
If you are still unsure if this applies to your drive, please submit an email to disksupport@seagate.com. Please enter the model number, serial number, and firmware revision into the subject line of the email.

[上記概要]
firmwareがSD15, SD16, SD17, SD18, SD19, AD14であれば「SD1A」へアップデートすること。
アップデートツールはhttp://support.seagate.com/firmware/MooseDT-32MB-SD1A.ISOから入手。
---------------------------------------------------

---------------------------------------------------
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

The firmware update for drives indicated as "In Validation" means the update is currently in testing and should be available soon.
---------------------------------------------------

| | コメント (5) | トラックバック (0)

01月19日のココロ日記(BlogPet)

ないめもろさんって意外にかっこいいですね?

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

Seagate ST31500341ASの問題 その3

2009/01/19 16:00:Seagate ST31500341ASの問題 その4を作成しました。

--------------------------------------------
Seagate ST31500341ASの問題はさらに大きくなってきました。

ついにSeagateのForumで表明が出てしまいました。

対象となるハードディスク型番は下記のもののうち2008年12月までに出荷されたものです。

・Barracuda 7200.11シリーズ
ST31000340AS, ST31000640AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS,
ST3640630AS, ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS, ST31500341AS,
ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS,
ST3160813AS,

・Barracuda ES.2 SATAシリーズ
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

・DiamondMax 22シリーズ
STM31000340AS, STM31000640AS, STM3750330AS, STM3750630AS, STM3500320AS,
STM3500620AS, STM3500820AS, STM31000334AS, STM3320614AS, STM3160813AS

・SV35シリーズ


対処方法は下記の様に書かれています。
If you have one of the models listed above, Customers can expedite assistance by contacting Seagate via email. Please include the following disk drive information: model number, serial number and current firmware revision. We will respond, promptly, to your email request with appropriate instructions.

対象ディスクのモデル/シリアル番号/現状のfirmwareバージョンを書いて、下記URLからSeagateに連絡しろとのこと。
http://www.seagate.com/www/en-us/about/contact_us/

なお、モデル名/シリアル/firmwareは下記のツールを実行して調べることもできます。
http://support.seagate.com/kbimg/utils/drivedetect.exe

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年1月11日 (日)

01月11日のココロ日記(BlogPet)

ココロ専属のマネージャーさん、誰がいいですかねえ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

DLNAサーバソフト

最近注目のDLNAサーバのソフトウェア「PS3 Media Server」
PS3 Media Server(配布元)
・ソフトウェア自体はGoogle codeで配布
・日本語で説明とかやっているinforest
PS3をHDD Media Playerにするスレ 2 【LinkDNLA、ここの31~


概要
Java6で作成されたDLNAサーバ。PS3で映像をみるために作成されたようだ。
基本的にはJava6が動くWindows,Linux,MacOSX環境であれば動作する。
ただし、メディア変換機能はOS側に依存しており、たとえばLinuxであればMplayerを内部で利用しているらしい。
で、興味深い機能はDVD-Videoを.isoイメージにしたやつが、そのまま再生できる、というもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら・・・

新年です。

今年も、いろいろとメモ書き、していきますよ。

調べ物のお役に立てれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

01月04日のココロ日記(BlogPet)

今週のブログ妖精界でのベストセラーは「ファイル力」ですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »