« Seagate ST31500341ASの問題 その4 | トップページ | Seagate 問題:Barracuda ES.2 のみ情報更新あり »

2009年1月20日 (火)

Sagate Barracuda 7200.11 問題 まとめ 2009/01/20 10:00

=== 2009/01/21 11:15 追記 start ===
Barracuda ES.2のみ情報更新されました。こちらに記載しています。
=== 2009/01/21 11:15 追記 end ===
=== 2009/01/20 15:45 追記 start ===
ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS用に公開されていたfirmware updaterですが、問題があったようで2009/01/20 11:00(Jan 19, 2008 8PM CST)に公開停止処分となっています。
そして、恥ずかしいことに記事のタイトルが2008になっていたので修正。
=== 2009/01/20 15:45 追記 end ===


Barracuda 7200.11でどういう問題が発生しているのか?
・1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
・いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題


1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
対象機種は?
・ST31500341AS firmware version SD1Aより前のもの
・ST31500341AS firmware version CC1Hより前のもの
どういう場合に発生するか?
・低速で長時間にわたる書き込みを行っている場合
一時的に対処する方法はあるか?
・ライトキャッシュを無効にする
ちゃんとした対応は?
・firmware バージョンをSD1AもしくはCC1H以降にアップデートすること
アップデートの方法は?
・アップデートツールは一般公開されていない。SEAGATEにサポートメールを送るともらえる。

いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題
対象機種は?
・下記型番のfirmware SD??であるもの(CC??,LC??は対象外)
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS
・下記型番のfirmware SD15~SD19およびAD14(SD1Aは修正済み,CC??は対象外)
ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS
・下記型番のもの
ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS
ただし、実際に現象が発生しているものは、生産工場およびロットの傾向が固定されているようで、ある一定の時期に固まっている模様である。このため、本来対象となるべきものは範囲が狭いようだ。

どういう場合に発生するのか?
・電源を入れる際。(つまり動かしっぱなしなら問題は起きない)
一時的に対処する方法はあるのか?
・ディスクを使わない・・・だそうな
認識しなくなったら対処の方法はあるのか?
・ハードディスク内部にデータ自体は残っており、削除はされていない。
・再認識させる方法はあるらしいが、現状では一般公開はされていない。
 (HDDにシリアルで接続して、直接コマンドを入力すると再認識できるらしい)
ちゃんとした対応は?
・firmwareバージョンをアップデートすること。
アップデートツールの入手方法は?
・機種にあわせたページからダウンロード。ただし、現状、未公開のものもあります。
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

アップデートトラブルシューティング
・アップデートの際は、該当機種だけつなぎましょう
他のものをつないでいると、そちらまでアップデートをかけようとしてしまいますので、外しておきましょう。

・同じハードディスク型番でもパーツナンバーが違うと対応が違います。
たとえばST31500341ASだと、以下の3種類が確認されています。
「9JU138-300」, 「9JU138-336」, 「9JU138-301」
このうち、-300と-336のfirmwareはSD??シリーズですが、-301はCC??シリーズといった違いもあります。

ST31000340ASだと、以下の2種類です。
「9BX158-300」, 「9BX158-303」


現在「Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]」で公開されているアップデートツールではP/Nの末尾が-300のもののみを対象としているようです。
P/N末尾-303のものはツール上ではリストアップされるものの、実際には適用できないようになっています。
これは、-303はOEM向けに出荷されているバージョンで、Seagate社から直接顧客向けに出荷していないためであると言われています。
このため現状では、Seagate社の方針が変わるか、実際に販売した会社経由でアップデートツールが提供されるのを待つか、しかないようです。

|

« Seagate ST31500341ASの問題 その4 | トップページ | Seagate 問題:Barracuda ES.2 のみ情報更新あり »

ストレージ」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

CC1H zip file size 2,911,767 bytes : size on disk 2,912,256 bytes

http://stashbox.org/312966/ST31500341AS_CC1H.zip

SD1A zip file size 2,904,563 bytes : size on disk 2,908,160 bytes

http://stashbox.org/312967/ST31500341AS_SD1A.zip

投稿: | 2009年1月21日 (水) 13時24分

はじめまして。この問題が表面化してから情報を収集していましたが、Seagateのサイトは日本語が若干入っているとはいえほぼ英語サイトのようなものなのでよくわからず、自分の所有するHDDが該当機種(ファームウェア)なのかもはっきりしない感じで困っていました。

1月上旬に購入したST31500341AS(1.5TB)ですが、今後使用する予定だったのでまだ未接続でしまってある状態でした。ファームウェアはCC1HでP/Nは9JU138-302ですが、記事を拝見したところCC1H以前は問題ありとのこと。この場合のCC1H以前とはCC1Hを含むのでしょうか?ST31500341ASは全てのファームウェアが問題ありという話も耳にしていたので・・・。

購入ショップからは返品は出来ないと言われていますし何とか使いたいところなのですが、ファームウェア更新以前に接続して電源投入した時点でアウトとかなったら怖いなぁと(^^;

投稿: Massive | 2009年1月25日 (日) 03時33分

えーと、この記事では「CC1H以前」とは書いていません、「CC1Hより前」と書いています。
なので、「CC1Hは問題無いもの」です。

投稿: memoro | 2009年1月26日 (月) 13時21分

ありがとうございましたm(__)m

投稿: Massive | 2009年1月26日 (月) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/27311891

この記事へのトラックバック一覧です: Sagate Barracuda 7200.11 問題 まとめ 2009/01/20 10:00:

« Seagate ST31500341ASの問題 その4 | トップページ | Seagate 問題:Barracuda ES.2 のみ情報更新あり »