« Seagate 問題: 順調にアップデート作業中 | トップページ | ジャストシステムのInternet DiskをWeb DAVとして使う »

2009年1月26日 (月)

Seagate 問題:パーツナンバーの枝番とラベル記述

Seagateのハードディスクは、STで始まる型番の他に、「P/N(パーツナンバー)」がつけられています。
パーツナンバーはHDDに貼ってあるラベルの中に「P/N: 6桁-3桁」の書式で記載されています。

基本的に6桁部分が型番に相当するものではありますが、型番が同じでも基板が大きく変わったりすると、6桁部分が変更になる場合があります。

で、後ろの3桁部分は何を表しているかと言いますと、出荷体制みたいなものを表しているようです。


「-300」もしくは「-301」であれば、Seagate社が直接販売したもの。
「-303」などの場合はSeagate社からOEM向けに出荷したもので、基本的には出荷した先でパソコンなどに組み込まれることを想定したもの、という感じのようです。

この3桁部分が違うと、実はラベルの印刷に差が現れます。

・「-300」(ST31000333AS)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-301」(最近)
Need Support? Visit www.Seagate.com.

・「-301」(ちょっと前)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-302, -303, -304」
This drive is manufactured by Seagate for OEM distribution. For product information or technical support, please contact your system OEM.

・「-305」(7200.10系)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact


まぁ、OEM向けなのかどうか、一目瞭然という感じですね。

|

« Seagate 問題: 順調にアップデート作業中 | トップページ | ジャストシステムのInternet DiskをWeb DAVとして使う »

ストレージ」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/27476536

この記事へのトラックバック一覧です: Seagate 問題:パーツナンバーの枝番とラベル記述:

« Seagate 問題: 順調にアップデート作業中 | トップページ | ジャストシステムのInternet DiskをWeb DAVとして使う »