« サーバのリモート管理 | トップページ | 03月12日のココロ日記(BlogPet) »

2009年3月10日 (火)

Citrix XenServer全停止後にトラブル

iSCSIで共有しているストレージに空きがなくなったので、HAを組んだXenServer 3台を停止しました。
iSCSIはCentOS4.7にiscsitargetを立ててLVMでディスクを割り当てていましたので、もう1つ違うLVMを作成しました。
そして、電源on

最終的に2点、問題が発生しました。

・iSCSIのtarget IDが変わってしまって、XenServer上の登録がエラーになっている。
・XenCenterからログインできない。sshでログインしてxsconsoleを起動してみるとライセンスが登録されていない、NIC設定が見えないなど、発生。


前者はXenServer群が正常に起動した後、「Detach Storage Repository」したあと、「Reatach Storage Repository」することで、再登録ができました。
ただ、これが行えるのは、正常に起動させた後になります。

どうやって正常起動させるか。

Administrator Guideの18ページにある「Master failures」に記述されているコマンドを実行します。

1. マスターとするXenServerにログインする
(1.9. もしかすると「xe host-emerg​ency-ha-disable --force」を実行しないとだめかも?)
2. 「xe pool-emergency-reset-master --master-address=ホスト名」を実行
3. 「xe pool-emergency-transition-to-master」を実行
4. 1分ぐらい待つと切り替え完了
5. 「xe vm-list」が実行できれば切り替えできてます。

他のXenServerについては上記Master設定ができてから起動すればいいでしょう。


|

« サーバのリモート管理 | トップページ | 03月12日のココロ日記(BlogPet) »

Linux」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/28554264

この記事へのトラックバック一覧です: Citrix XenServer全停止後にトラブル:

« サーバのリモート管理 | トップページ | 03月12日のココロ日記(BlogPet) »