« VMware上で動かすLinuxの時刻がずれる件について | トップページ | サーバのリモート管理 »

2009年3月 4日 (水)

Citrix XenServer Enterprise

先日開催されたVMworld Europeにあわせて、CitrixのXenServer Enterpriseが無償で使用できるようになりました。

といっても、実際に無償版が配布されるのは2009/03/25で、それまでの間は評価ライセンスで使ってください、ということになっています。


共有ストレージをFCもしくはiSCSIにすることで、複数のXenServer間でのLive Migrate(VMwareでいうところのVMotion)が使用できます。
そして、VMware HA相当の機能もあります。
ダウンロードページに「評価ライセンスはXenServerの機能+Citrix Essentials for XenServerの「HA」と「StorageLink」が使えます」と書いてありました。なので、HA機能は正式な無償版では使用できない模様です。
(enable the features of Citrix XenServer, PLUS two key features of the upcoming Citrix Essentials for XenServer: "High availability","StorageLink technology for NetApp and Dell EqualLogic")

VMwareみたいにVirtualCenterサーバを別途立てる必要はなく、管理ができます。
GUIがあるのはWindows環境用のXenCenterのみで、Linuxからはコマンドライン、ということになるようです。

また、おそらく別途VirtualCenterサーバみたいのをたてる必要がないからだと思いますが、負荷調整機能のVMware DRS相当のものはないようです。


で、早速、CentOS4.7でiSCSI targetを作成し、そのディスクを共有する形で、XenServersを作ってみました。

途中困った点
・CPUが違うと同じpoolに入れられない。

XenCenterのGUIから登録しようとすると「The hosts in this pool are not homogeneous. cpus differ」と蹴られます。
調べてみると、コマンドから強制的に登録する必要がある模様。
(Thread: Can't add 3rd Server to PoolおよびXenServer Document)

通常、コマンドからpoolにサーバを登録する場合は、登録したいXenServerのconsoleからコマンドを実行

# xe pool-join master-address=マスタサーバ master-username=ユーザ名 master-password=パスワード

これだと、GUIと同じく、蹴られます。
でも、「force」オプションをつければ大丈夫

# xe pool-join master-address=マスタサーバ master-username=ユーザ名 master-password=パスワード force


これで登録したあと、Live Migrationしてみました。

サーバ1

# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 15
model : 4
model name : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
stepping : 3
cpu MHz : 2992.510
cache size : 2048 KB
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 5
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep mtrr cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht nx constant_tsc up pni cid
bogomips : 5987.73
#


サーバ2

# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 15
model name : Intel(R) Core(TM)2 CPU 6300 @ 1.86GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1860.650
cache size : 2048 KB
fdiv_bug : no
hlt_bug : no
f00f_bug : no
coma_bug : no
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep mtrr cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht nx constant_tsc up pni vmx
bogomips : 3722.49
#


それぞれで、サーバを起動し、Live Migrationで他方に移動させてみました。
しかし、移動させた後も、起動した時と同じ/proc/cpuinfoを保っていました。


サーバ1で起動した後、サーバ2にLiveMigrationした仮想サーバ

# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 15
model : 4
model name : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
stepping : 3
cpu MHz : 2992.498
cache size : 2048 KB
physical id : 0
siblings : 1
core id : 0
cpu cores : 1
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 5
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc pni cid cx16
bogomips : 7490.84
clflush size : 64
cache_alignment : 128
address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:
#


サーバ2で起動した後、サーバ1にLiveMigrationした仮想サーバ

# cat /proc/cpuinfo
processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 15
model name : Intel(R) Core(TM)2 CPU 6300 @ 1.86GHz
stepping : 2
cpu MHz : 1860.644
cache size : 2048 KB
physical id : 0
siblings : 1
core id : 0
cpu cores : 1
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 10
wp : yes
flags : fpu de tsc msr pae cx8 apic sep cmov pat clflush acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht syscall nx lm constant_tsc pni vmx cx16 lahf_lm
bogomips : 4653.27
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:
#

|

« VMware上で動かすLinuxの時刻がずれる件について | トップページ | サーバのリモート管理 »

Linux」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/28470957

この記事へのトラックバック一覧です: Citrix XenServer Enterprise:

« VMware上で動かすLinuxの時刻がずれる件について | トップページ | サーバのリモート管理 »