« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

ESXでサービスコンソールが接続できない

Virtual CenterにESX3.5を4台登録して、しばらく試験運用
1台はずして、別用途に使用。
で、別用途が終わったので、ESXを再インストールしたら問題発生

IPアドレスが使われているといってネットワークがあがってこない。
Determining IP information for vswif0... failed.
Error trying to perform operation Exec of command '/sbin/ifup/ vswif0' suceeded, but returned with non-zero status:1

しかし、pingを打ってみても、そのIPの応答はないし、そもそも、ほかに割り当てた覚えもない。
さらには、ESXのコンソールからesxcfg-vswifコマンドでIPアドレスを変更してみても同じメッセージが出る。
意味わかんない。

で、いろいろ調べてみると、原因は、どうやら、ほかのESXサーバや、Virtual Centerが、前の情報を覚えているらしく、そいつらが妨害しているようだ。
解決方法は簡単。

とりあえず。ケーブル抜いて起動。
そうすれば、とりあえず設定してあるとおりのIPアドレスで起動してくる。
起動完了後、ケーブルを戻す。
そして、VI ClientからVCにアクセスして、ESXサーバの登録を行う。

これで一件落着


参考URL:VMware community : vmnic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

adesでandroid

WILLCOM のades(WS011SH)で、GoogleのAndroidが動き始めました。

いまのところ、2系統あります。
h2o2さん版、とwata2さん版。

どちらも、ベースとなるLinuxについては、2chの【ZERO3】リザぽん化プロジェクト 003【Linux】で活動されているzakiさんのところのもの。


最初に一般公開された、h2o2さん版は、h2o2のお気楽日記2009-06-05 WS011SH用Android(R1) 公開(暫定)します。で公開され、2009-06-18 W-ZERO3でAndroid(R1)を動かす(キーレイアウト)でキー操作が改善されています。ただ、タッチパネルは使えません。

wata2さん版は、【ZERO3】リザぽん化プロジェクト 003【Linux】の410に「ニコ動版です。」というコメントのみで、ダウンロードリンクが貼られたもの。
こちらはAndroid 1.5ベースで作成されており、タッチパネルも有効になっているというもの。
1.5ベースであるため、設定画面で「Japanese」を選択するとUIが日本語に切り替わります。

とは、いっても、h2o2さん版も、wata2さん版も、内蔵の無線LANおよびW-SIMは使えず、また、キー入力は、開いた状態のフルキーのみ対応で、閉じた状態のフロントキーは使用できません。

なので、現状は実用ではありません。

現在ハードルとなっている点は、Linuxカーネル上で、無線LAN、W-SIMが使用できないという点。
ベースとなっているリザぽんカーネルでも長らく懸案になっているところ。
これが、解決できれば、一気に、進展することでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

06月29日のココロ日記(BlogPet)

公園に模様やニュースがたくさん生えているのを見つけました。もうそんな季節なんですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

vifsコマンドのバグ?

VMware vSphere Command-Line Interface、旧名:VMware Infrastrucrure Remote CLI(VI RCLI)に含まれているvifsコマンドにバグあり。

Virtual Center Server(vCenter Server)環境で使用している際に、serverとしてVCを指定するとうまく動かないことがあります。

データセンター: ha-cluster
データストア: datastore
となっている時に、その中にあるディレクトリを確認するためには下記のコマンドでいいはずです。

# vifs --server=VCサーバ --username=ユーザ名 --password=パスワード --dc 'ha-cluster' --dir '[datastore]'

が、このコマンドを実行するとエラー
GET https://VCサーバ/folder?dsName=datastore unsuccessful : 404 Not Found

そう、なぜか、指定しているデータセンターの指定が無視されている。
本来であれば、「https://VCサーバ/folder?dcPath=ha-cluster&dsName=datastore」となるはずなのに。

Webを検索してみると類例発見
Network Admin KB: Unable to list Folders of Datastores in VIFS.pl Script

ここに記載されている内容がまさにそのもの。
VIRLI 3.5U2で修正されたとありますが、vCLI 4.0でも同じ現象が発生しているので怪しいです。

早速、/usr/bin/vifsの「sub do_dir」を探し、その後に出てくる「my $resp」の記述を変更しました。
変更前: my $resp = VIExt::http_get_file($mode, $filepath, $ds, $dc, undef);
変更後: my $resp = VIExt::http_get_file($mode, $filepath, $ds, $datacenter, undef);

もちろん、本来のvifsとは別のファイルで保存することを忘れずに。

うちの環境ではこれで正常動作になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

06月22日のココロ日記(BlogPet)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・←何に見えますか?ヒントは新しいです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

蒼空のフロンティアの出来事

序章
・2008年12月頃からイラストレイターとライター募集開始
・当時は「フロントメディア」が募集をかけている
・mixiのコミュニティ作ってるけど・・・会社としてのコミュニティって規約違反では?
・ホビーデータの社長が主幹者という話が・・・
・ちなみにホビーデータとは、PBMというジャンルのゲームをやっていた会社で、最後はゲームをやる!と打ち上げて参加費用を前払いで出させておいて倒産したところ。しかも、スタッフの賃金未払いで捕まる始末

第1章
・4月頃にリリースという話が漏れてくる
・でも、5月に正式発表、サイトオープン
・内容はどう見てもテラネッツのWTRPG/トミーウォーカーのPBW、そのものです
・もっというと、PBMですよね?
・主幹者は、前情報通り、元ホビーデータ社長。
・募集は「フロンティアメディア」だったのに、運営会社は「フロンティアワークス」とのこと
・2者間の関係は?Webには明記無し

第2章 なかなかでない情報
・サイトがオープンしたものの情報更新がされない
・学園ものなのに、学園の記述を5回修正してもかなり薄いのはおかしいでしょ
・いろいろ説明がおざなり、というか適当
・でも企業連携だけはしてるみたい
・バンタンって、昔、テラネッツと、eラーニングサイト立ち上げたよねぇ・・・
・絵師の契約がまだすんでないって噂はほんとなの?

第3章
・6/15 19:00頃にいきなり「本日21:30から開始」という告知がWebに載る
・それと前後してニュースサイトにもいくつか記事がでる
・しかし、ニュースサイトの記事にある内容について公式サイトでは一切情報は無し
・告知にあった「21:30」を過ぎても更新されず
・21:38に「本日21:30の開始予定でしたが、少々遅れております。 」という告知が追加
・21:42に「現在、キャラクター登録システムに不具合が発見されており、修正中です。」という告知が追加
・もちろんキャラ登録は開始もされていない
・そのまま6/15は終了
・6/16 0:20頃、ページが更新され、キャラ登録開始と、各種設定に関するページが見れるように
・ページには6/15開始とうたう
・でも、「βVersion」という表記が・・・
・が、すぐに重くなり、反応が鈍くなる
・何キャラかは登録に成功した人がいる模様
・キャラ設定で設定できる内容はホビーデータ時代のPBMでよく見られた選択肢らしい
・結局脱却できていないらしい
・一部のコンテンツはテスト状態のままだったようで、テスト表記が見られる。
・6/16 0:35頃、サーバ死亡
・6/16 0:54 更新前の状態に戻る。キャラ登録が開始されたことについては触れていない
・6/16 1:13 下記表示が追加されるが、21:38と21:42の記述と、0:20からキャラ登録できてたことは触れず
オープンが遅れておりまして、誠に申し訳ございません。
現在鋭意修正作業中です。
オープンの目途がたちしだいお知らせいたしますので今しばらくお待ちください。

おまけ
「不具合」どころの話じゃないですよ
どっちかというと「論外」の話ですね
単純に、元々の想定以上にアクセスがあってサーバが死んだ感じです
ただ・・・その想定がおそらく少なすぎだったんでしょうね・・・
いったい、どんな開発体制しているのか・・・
もう、アホかと、馬鹿かと

あと、ブログも更新する気ないんだったらやめとけと
ジャンル分けも全然使ってないし


追加
5:00頃、再オープンしたようだ
相変わらず、何時にオープンしたかとか書いてないけど
あと、環境によっては、トップページにある、キャラクター登録とキャンペーン詳細のアイコンをクリックしても、何も起こらないという・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

06月15日のココロ日記(BlogPet)

人間は、考える経由だと思いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

NetBackupのbpbackupコマンドでバックアップ

NetBackupでバックアップする場合、通常は標準のスケジューラを使用してバックアップを行う。

しかし、アプリケーション連動とかしたい場合は、bpbackupコマンドを使用してバックアップを行うこともできる。

(1) まずは、通常と同じような形でポリシーを作成する。
  スケジュールの形式は「完全バックアップ」とか「差分型増分バックアップ」とかで作成する
  開始時間帯は指定しない。
(2) ポリシーの作成を完了するが、bpbackupの実行に以下の情報が必要なのでメモする
  「ポリシー名」「スケジュール名」「NetBackupのマスタサーバ名」
(3) bpbackupを実行する

上記で作った場合は下記のコマンドで実行する
C:\Program Files\VERITAS\NetBackup\bin\bpbackup -p ポリシー名 -s スケジュール名 -S マスタサーバ名 -L c:\temp\backuplog.txt -i
「-i」をつけているので、即時実行になっている。


(1) まずは、ポリシーを作成するが、以下の点が異なる
  スケジュールの形式は「ユーザバックアップ」で作成する
  開始時間帯を指定する
(2) ポリシーの作成を完了するが、bpbackupの実行に以下の情報が必要なのでメモする
  「ポリシー名」「スケジュール名」「NetBackupのマスタサーバ名」
(3) bpbackupを実行する

上記の場合は「-f」オプションで指定したファイル内にバックアップしたいディレクトリ・ファイルのパスを記載して、実行する。
C:\Program Files\VERITAS\NetBackup\bin\bpbackup -p ポリシー名 -s スケジュール名 -S マスタサーバ名 -L c:\temp\backuplog.txt -f c:\temp\list.txt


なお、-Lはログの出力先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

06月08日のココロ日記(BlogPet)

めもろさんって意外にほしいところがありますね♪でもココロはそこが好きですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

06月01日のココロ日記(BlogPet)

メディア降る夜に夢が叶うらしいです。ココロの夢は…… いっ、言えません!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »