« IBM BladeCenter HS22が問題児な件 | トップページ | デフラグソフト »

2009年9月25日 (金)

RHEL5.4でxfsがサポート

RedHat Enterprise Linuxでは、いままでファイルシステムのxfsをサポートしていませんでした。
使おうと思ったら、CentOS plusからsource rpmを持ってきて、導入する必要がありました。


RedHat Enterprise Linux 5.4 リリースノート
XFS ファイルシステムのサポートが技術プレビューとしてカーネルに追加されました (BZ#470845)。


そう、ついに、RHEL標準カーネルのxfsモジュールが組み込まれたのです。


が・・・難点が1つ


xfs_checkやxfs_repairなど・・・そして何よりmkfs.xfsといったxfsを使う上で必要なツールが含まれるxfsprogsは今回、RHEL5.4に取り入れられなかったということ。


さすが、「技術プレビュー」扱い

実質、使うには従来通りCentOS plusからxfsprogsを持ってくる必要がありますね。
次のRHEL5.5ぐらいで標準導入になるといいな・・・


公式のsource tarファイル置き場
CentOS plusのsource rpm置き場


|

« IBM BladeCenter HS22が問題児な件 | トップページ | デフラグソフト »

Linux」カテゴリの記事

ファイルサーバ/NAS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/31513007

この記事へのトラックバック一覧です: RHEL5.4でxfsがサポート:

« IBM BladeCenter HS22が問題児な件 | トップページ | デフラグソフト »