« デフラグソフト | トップページ | 指紋認証 »

2009年9月29日 (火)

VI ClientをLinuxで使う

VMware ESXを管理するためにVI clientがいるわけだが、Windowsでしか動かない
Linuxでもなんとかならないかを試行錯誤した記録

環境: CentOS5

1. wine導入
# rpm -Uvh rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release5-3.noarch.rpm
# yum install wine

2. 1回起動して~/.wineを作る
# wine VMware-viclient.exe

3. フォントをコピー
IPAモナーフォントを使用
配布ファイル内のipagui-mona.ttfをコピー
# cp fonts/ipagui-mona.ttf /usr/share/fonts/ja/TrueType/
全ユーザ向けではなければ以下にコピー?
# cp fonts/ipagui-mona.ttf ~/.wine/drive_c/windows/fonts


4. wineのレジストリファイル修正
試験運用中なLinux備忘録:Wine上のフォントについての設定からwine

ポイント
・レジストリ登録用ファイルをShift_JISコードで作る
・上記で作ったファイルを「regedit ファイル名」と指定して登録する。


5. .NET Framework 2.0のインストール
KMS International: wine 0.9.59 で.NET Framework 2.0CommentsAdd Star
・cabextractをインストールして
・wget http://kegel.com/wine/winetricks で
・sh winetricks corefonts dotnet20
とすると、依存ファイルを自動ダウンロードして、インストーラ実行してくれる。

6. つづいて、.NET Framework 3.0
WineHQ: .Net Framework 3.0
ここによると「winetricks dotnet30」っぽいがうまくいかない。
って、「winetricks volnum」も必要だった

"MSVCR80.dllのエラーもでたので、「winetricks vcrun2005」も追加

「English」であれば、文字化けなしでインストールできた。

でも、VpxClient.exeを実行してみるとエラーで起動せず
ムズいね。

|

« デフラグソフト | トップページ | 指紋認証 »

Linux」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/31568229

この記事へのトラックバック一覧です: VI ClientをLinuxで使う:

« デフラグソフト | トップページ | 指紋認証 »