« VI ClientをLinuxで使う | トップページ | 1Uサーバの電源ユニット »

2009年10月23日 (金)

指紋認証

新しいパソコンが指紋認証機能ついていた。
で、リモートデスクトップでログインしてみると、指紋認証がリモートでも使えるらしい。
そんなわけで、ジャンクで買った指紋認証リーダの実験を兼ねて調査。


新パソコン:Lenovoのノート
ジャンクの指紋認証リーダ:富士通 FS-220U


FS-220Uは、サイレックス・テクノロジーのFUS-200NのOEM品。
ドライバはサイレックスのページで配布しているアプリケーションソフトウェアのSX-Biometrics Suite内に同梱されている。
解凍してドライバを個別適用すれば、ログインソフトウェアなどをインストールすることなしに、デバイスマネージャ上に[USB(Universal Serial Bus)コントローラ]-[Fingerprint USB sensor]として登場させることができる。

で、実験。
無理でした。
どうやらメーカが違うので認識状況が違うような感じ・・・


Lenovoのやつは、Authentecのものらしい。
なんでも、Lenovo (IBM ThinkPad), HP, ASUS, Acer, Dell, Fujitsu, Fujitsu Siemens, LG, Samsung, Toshibaが採用しているらしい。

|

« VI ClientをLinuxで使う | トップページ | 1Uサーバの電源ユニット »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/31907765

この記事へのトラックバック一覧です: 指紋認証:

« VI ClientをLinuxで使う | トップページ | 1Uサーバの電源ユニット »