« Cobalt Cube風の何か | トップページ | WebMailソフト »

2010年3月 3日 (水)

仮想テープ装置

OpenSolaris方面で仮想テープ装置が2種類?

COMSTAR SCSI Stream (Tape) Device
kenai.comが閉鎖されるので、現在は、githubに移転している。
ドキュメントが薄いので、どこまで動くかよく分からない。

COMSTAR VTape driver
zpoolの領域をテープデバイスに見立てて、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。
NexentastorというOpenSolarisベースのNASを販売しているベンダが主体となって開発中。
NetWorkerやArkeiaなどで動作確認しているらしい。
チェンジャーデバイスにも対応してくれると、非常に面白いことになりそうなんだけど・・・

SCSI Block Device Pass Through Provider
ローカルのディスクデバイスやテープデバイスなどのブロックデバイスを、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。

・・・・・・・にしても、Arkeia懐かしいなぁ・・・
Linuxをバックアップサーバにしたいという要求がかなえられるソフトウェア、として使っていたころがあったっけ・・・
バックアップ時のスピードメータが印象的でした

|

« Cobalt Cube風の何か | トップページ | WebMailソフト »

Solaris」カテゴリの記事

ストレージ」カテゴリの記事

バックアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/33616681

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想テープ装置:

« Cobalt Cube風の何か | トップページ | WebMailソフト »