« SPAMメールさらしあげ | トップページ | QVGA端末のAndroid Marketに出てこないアプリの検証 »

2010年10月20日 (水)

Android Hauwei IDEOS U8150-B

ハーウェイのIDEOS U8150-Bがなかなか興味深い。

Weekly ASCIIでの紹介: ファーウェイのAndroid端末『IDEOS』がすごくイイ!

今回買ったモデルはU8150-Bと、末尾に-Bがつきます。このモデルの対応周波数はW-CDMA 2100/1900/850/1700MHz。海外端末で1700対応というと、アメリカT-Mobileの1700/2100MHz(Band IV)のものが一般的なのですが、8150-Bの対応バンドは“Band IX”らしい。これ、イーモバイルとドコモが使っている日本で言うところの1700MHz。ってことは香港で買ったIDEOSはイーモバイルで……? 残念ながらIDEOSには技適マークがないので、日本で使っちゃいけないのでなんとも……この先は謎ということで(笑)。


で、調べてみると
使えない精神科医の独語(仮称): イーモバイル赤SIMでアンドロイド

「Setting」→「Wireless & Networks」→「Mobilenetwoks」
→「Access Point Names」 ホームの隣のメニューキーを押し「New APN」

Name:emnet
APN:emb.ne.jp
Proxy:not set
Port:not set
Username:em
Password:em
Server:not set
MMSC:not set
MMS proxy:not set
MCC:440
MNC:00
Authentication type:not set
APN type:not set


ちなみに、FOMAプラスエリアは無理っぽい。

Rey.さんのtwitter発言より

ドコモのプラスエリア地域で IDEOS U8150-B を試したら、予想通り圏外でした。プラスエリア対応機種の NM706i はアンテナピクト 7本全部立っていたので、受信感度差では無い筈。(http://twitter.com/rey_k/status/26274465278)
同じ場所 (神奈川県西部の山間部) で、IDEOS U8150-B でキャリアを検索すると、Softbank だけが出てきます。奈良の田舎でもそうでしたが、都市部以外で UTMS 2.1GHz (プラスエリア非対応機) を使うには、やはり Softbank が強いです。(http://twitter.com/rey_k/status/26275430824)


なお、U8150はバリエーションがあるので注意
Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~: Huawei IDEOS U8150-DがGCF通過


U8150-AはW-CDMA 2100/1700(Band IV)/900 MHz, GSM 1900/1800/900 MHz
U8150-BはW-CDMA 2100/1900/1700(Band IX)/850 MHz, GSM 1900/1800/900 MHz
U8150-DはW-CDMA 2100/900 MHz, GSM 1900/1800/900 MHz

イーモバイルで使用しているW-CDMA 1700(Band IX)対応はU8150-Bのみなので要注意
同じ1700MHzとあっても、Band IVは別物!


---------------------------------------------
2010/11/17追記

Blog of Mobile!!~最新ケータイ情報~:Huawei Ideosが技適通過!!
2010/09/30付けでIdeosが技適を通過したとのこと

groundwalker.com:Huawei IDEOS U8150-B を入手してみた
root取得方法とかの解説あり

|

« SPAMメールさらしあげ | トップページ | QVGA端末のAndroid Marketに出てこないアプリの検証 »

Zaurus/Android」カテゴリの記事

携帯端末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522499/37317114

この記事へのトラックバック一覧です: Android Hauwei IDEOS U8150-B:

« SPAMメールさらしあげ | トップページ | QVGA端末のAndroid Marketに出てこないアプリの検証 »