« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »

2014年11月

2014年11月21日 (金)

hp BL460c Gen8+FlexFabric 534FLBではWindows2012R2がまともにインストールできない(解決策あり

hp Blade System C7000に入れるサーバブレードのBL460c Gen8。
CPUの選択によっては、標準でFlexFabric 534FLBがついてくる構成がある。
こいつがスゴイ問題児。

何が問題って、標準で入ってるくせに、BL460c Gen8のIntelligent Provisioningに非対応。
悪質なことに、非対応、ということについて、どこにも記載されていないかった。
それどころか、当初は問い合わせても、動かない理由は分からないからログ送れ、とか言われる始末。

次に悪質だなぁ、と思ったのは、hpが提供するWindows Server 2012R2のOEMメディア。
2014年6月版とか書いてあれば、普通、hpが自分のところのサーバで動くようにカスタマイズしているんだな、とか思うじゃん?
実際、インストールできる環境でインストールすれば、hpが追加したとおぼしきものが入ってるわけじゃん?
でも、534FLBには非対応。


534FLBを使って、FCストレージを使ったSAN bootしようと、このOEMメディアでブートしても、ディスクが見えない。
534FLBのドライバを手動で追加してみると、ドライバの読み込み途中でシステムが再起動する、という怪現象。

意味がわからんと「HP Boot from SAN Configuration Guide」を参照してみると、Windows Server 2012/2012 R2の場合、「A Slipstreaming Broadcom Drivers into Microsoft Windows Server 2012/2012 R2 Image Files」を行う、とか書かれている。

そもそも、534FLBがBroadcom製なのか、という点が明示的に書かれていないのなぁ、と思いつつやってみると、なんとかWindows Server 2012R2のインストールが開始できた。

・・・・・・・と書くと、単純な問題っぽいじゃん?
これがまた、いろいろ問題があってさ。

Microsoft純正のWindows Server 2012 R2メディアを元に作業を行うとうまく行くのさ。
ところがhpのOEMメディアを使うと失敗。
理由がよくわかんなかったんだけど、DVDをやこうとして原因発見。
hpのOEMメディアはDVD-DLで4.7GBを超えている、ということ。

「HP Boot from SAN Configuration Guide」に記載のisoファイル作成のコマンドでは、4.7GBを超えた場合、正常に動作するISOファイルを作成できない、という問題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年5月 »