ストレージ

RAID,NASなどのディスクストレージ関連

2012年4月 9日 (月)

IBM作成のNetAppに関する資料

A Thorough Introduction to 64-Bit Aggregates

IBM Nシリーズ・・・というか、NetApp FASシリーズのONTAP 8における64bitアグリゲート(aggregate)に関する資料。

機種毎に異なる容量制限に関して、32bit-64bit環境の混在snapmirrorでの制限、などいろいろ記述されている。

ONTAP 8にするとroot領域のFlexVol(通常vol0)として必要なサイズが多くなってる、という点についても記載あり。
ちなみに160GB~300GBも必要になる。何に使うんだか


IBM System Storage N series with VMware vSphere 4.1
同じくIBM NシリーズことNetApp FASシリーズにて、VMware vSphere 4.1のストレージとしてNetAppを使う場合のネットワークの組み方とかについての解説。
iSCSI/NFS共通。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

OpenSolarisベースでNAS

OpenSolarisベースでNASを作るにはどうするか、というあたりを調べた。


ベース知識
・Solarisからオープンソース版としてOpenSolarisが派生した。
・OpenSolarisには「OpenSolarisカーネル」と「OpenSolarisディストリビューション」というような意味合いの2つの側面がある
・どっちの側面にも、一部にプロプラな部分があり、バイナリのみ提供、という箇所がある。
・OpenSolarisベースのBelenixとかJaris OSとかNexentaStorは「OpenSolarisディストリビューション」の部分を置き換えるものであった。
・Oracle側の方針変更とかいろいろあったため、OpenSolarisカーネル部分も完全なフリーのものを作る、ということでIllumosというが派生した。
・上記のIllumosにはNexentaStorの開発陣とかも参加しており、今後NexentaStorとかのカーネル部分はIllumosになっていく。
・すでにIllumosカーネルを採用しているものとしてはOpenIndianaというのがある。


NASするためには
Nexenta
 Nexenta Core PlatformというOpenSolarisカーネルの上にUbuntu 8.04のソフトウェア群を載せたものをベースに
 NASとしてのいろいろな機能+管理GUIを載せたものがNexentaStor。
 NexentaStorにはCommunity Editionというのがあり18TBまでだったら使える。
 現状はまだOpenSolarisカーネルを採用しているが、徐々にIllumosカーネルに移行するしていくらしい。

EON ZFS Storage
 256MBぐらいのUSBメモリやCFカードにOSが入るようにコンパクトにまとめられている。
 OpenSolarisカーネル+OpenSolarisディストリビューションをベースにカスタマイズしている。
 基本、コマンド操作でいろいろできる人向け。
 後述するnapp-itを入れることである程度の管理をWeb GUIで行うことも可能。

napp-it
 これ自体はSolaris10,Solaris11,OpenIndiana対応のNAS向けWebGUI
 Nexenta Core Platformにもインストールできる。
 基本的には商用でも無償で使える。もちろんサポートはないけど。
 ネットワーク経由のZFSレプリケーションをできるようにするには有償。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

Serviio DLNAとSynology DS111

いろいろ情報を探していたら見つけた

JavaベースのServiio DLNAというDLNAメディアサーバと、それをSynology社の1ベイNAS DS111(2ベイのDS211というのもある)に載せるというblog記事

DS111のスペックをみると、CPUは1.6GHzとかあるので、ATOMプロセッサなのかな?と思っていたら、blog記事の方に出てくるダウンロードしたファイル名を見てみると「ARM」という文字列が...
どうやらMarvell Kirkwood ARM搭載らしい。


よく見てみると、Synologyは日本語ページもある模様。
先日、ビックサイトで開催されたDSE2011にも出展していたり、amazon.co.jpで販売開始してたりするようです。

値段はDS111が15,800円というのは、まぁまぁ、といったところかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

仮想テープ装置

OpenSolaris方面で仮想テープ装置が2種類?

COMSTAR SCSI Stream (Tape) Device
kenai.comが閉鎖されるので、現在は、githubに移転している。
ドキュメントが薄いので、どこまで動くかよく分からない。

COMSTAR VTape driver
zpoolの領域をテープデバイスに見立てて、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。
NexentastorというOpenSolarisベースのNASを販売しているベンダが主体となって開発中。
NetWorkerやArkeiaなどで動作確認しているらしい。
チェンジャーデバイスにも対応してくれると、非常に面白いことになりそうなんだけど・・・

SCSI Block Device Pass Through Provider
ローカルのディスクデバイスやテープデバイスなどのブロックデバイスを、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。

・・・・・・・にしても、Arkeia懐かしいなぁ・・・
Linuxをバックアップサーバにしたいという要求がかなえられるソフトウェア、として使っていたころがあったっけ・・・
バックアップ時のスピードメータが印象的でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

NFS4.1

NFS ver4.1 with pNFSがRFCとして正式リリースされました。
RFC5661 Network File System (NFS) Version 4 Minor Version 1 Protocol


書いた人は、NetAppの人の他に、Storspeedという会社の人もいるようです。


Storspeedってなんだろう?と思ったら、CIFS/NFSのキャッシュサーバみたいなんだけど、「アプリケーションのキャッシュ」とメーカはうたってる。

ただ、公開されている情報が少ないので、どうアプリケーションなのかが、よくわからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

IBM x3550のServeRAID-8kが問題児な件

IBM x3550で使われているオンボードRAIDのServeRAID-8k。
firmwareはAdaptec社開発っぽいですが、こいつが結構問題児。
SATAでRAID1組んでると、よくミラーが外れる。

ディスク交換しても、外れやすい。
そもそも、ディスク不良っぽい感じの現象は起きてない。

なんだろうなぁ・・・と思っていたら、漏れ聞こえてきたのは、SATAのリンク速度を3Gbpsにしてると不安定。1.5GbpsにすればOK、という話。

確かに、x3650のサポート情報にこんな記述が・・・
ServeRAID-8kのfirmwareをbuild 15407以降に、バックプレーンのfirmwareを1.07以降に、することで解消できるが、アップデートできない場合、1.5Gbps固定設定を行え。
という意味と思っていたんだが、どうやら違うらしい。


というのは、上記ページは2008-05-12更新、でも、私がIBMから話を聞いたのは最近・・・

x3550では未だに解消されていない現象の様です。
主原因はSATA/SASバックプレーンの問題で、リンク速度が安定せず、ディスクがオフラインになってしまうらしい。

しかも、特定メーカのHDDでのみ起こるとか・・・
ちなみに、x3550で採用されているディスクはH社 or W社。どっちが該当するのかは秘密。


いつになったら対策完了版のfirmwareが出るのかなぁ・・・
このままディスコンまで出ないような気もするけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

Seagate 問題: まとめ 2009/01/26 15:30

2009/01/26 15:30時点でのまとめ
なお、Diamond Max 22については、なじみがないので記述を省いてます。
(2009/01/26 18:00 現象について加筆しました)


Barracuda 7200.11でどういう問題が発生しているのか?
・1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
・いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題


1.5TB HDDでのライトキャッシュにおける問題
対象機種は?
・ST31500341AS firmware version SD1Aより前のもの
・ST31500341AS firmware version CC1Hより前のもの

どういう現象が発生するのか?
・30秒くらいアクセスが止まる(プチフリーズとか表現される)

どういう場合に発生するか?
・低速で長時間にわたる書き込みを行っている場合

一時的に対処する方法はあるか?
・ライトキャッシュを無効にする

ちゃんとした対応は?
・firmware バージョンをSD1AもしくはCC1H以降にアップデートすること

アップデートの方法は?
・アップデートツールは一般公開されていない。SEAGATEにサポートメールを送るともらえる。
・怪しげな入手方法で取得したアップデータにより壊れたという事例もあるので注意。

いろんな機種での電源ON時にHDDが認識できなる問題
対象機種は?
・下記型番のfirmware SD??であるものの一部(CC??,LC??は対象外)
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS
・下記型番のfirmware SD15~SD19の一部(SD1Aは修正済み,CC??とAD14は対象外)
ST31000340AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS, ST3640530AS,ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
・下記型番のfirmware SN06より前のものの一部(SN06は修正済み)
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

「~の一部」ってどういうこと?
・すべてが対象ではなく、ある特定のロットでのみ発生する現象。
・シリアル番号によって対象かどうかは判断できる。[チェックページ]


どういう現象が発生するのか?
・BIOSから認識するものの容量が0MBと認識される(LBA=0問題)
・BIOSから認識されないorBusyとなる(BSY問題)
・両方併せてBRICKED(レンガ化=漬け物石=使えない固まり)と言われることもある。

どういう場合に発生するのか?
・電源を入れる際。(つまり動かしっぱなしなら問題は起きない)

発生する確率はどれくらいあるのか?
・Seagate社公式の見解としては、通常の不良率の範囲内に収まるものであり、特に異常なほど壊れやすくなっていると言うわけではない。
・通常のRMAとして本来は対処するものだが、不良率を下げたいという顧客要望により今回はアップデータを提供する。
・Seagate社としてはアップデートを推奨するものではない。

一時的に対処する方法はあるのか?
・ディスクの電源を切らない。(電源ON時に発生する可能性があるため)

認識しなくなったら対処の方法はあるのか?
・ハードディスク内部にデータ自体は残っており、削除はされていない。
・再認識させる方法はあるらしいが、現状では一般公開はされていない。
 (HDDにシリアルで接続して、直接コマンドを入力すると再認識できるらしい)

ちゃんとした対応は?
・firmwareバージョンをアップデートすること。
・このアップデートはあくまで電源ON時に認識しなくなる可能性があることに対するもので、そのリスクを下げるためのもの。

アップデートツールの入手方法は?
・機種にあわせたページからダウンロード。ものによってはメールで入手。
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

アップデートトラブルシューティング
・アップデートの際は、該当機種だけつなぎましょう
他のものをつないでいると、そちらまでアップデートをかけようとしてしまいますので、外しておきましょう。


BRICKEDの原理について、いろいろ非公式情報あるみたいだけど?
・非公式情報のまとめ
・ログ領域が0~320まであり、数日に1つの割合で増えていく。
・320まで行くと0に戻るが、320に行った段階で電源を落とすと0に戻らなくなる。
・これが原因で認識しなくなる。
・このため320回中、1回発生する、といえる。こういうと多く見える。
・でも、これ、パーセンテージに直すと0.3125%。少なく見えない?
・結局は見せ方の問題でしかない気が・・・
・そもそもディスクなんて毎日クラッシュする可能性を秘めているわけで・・・なんてね


以下は現時点での公式ページからのコピー

--------------------------------------------------
Firmware Recommendations for Barracuda 7200.11, ES.2 SATA, and DiamondMax 22 Drives [207931]

A firmware issue has been identified that affects a small number of Seagate Barracuda 7200.11 hard drive models which may result in data becoming inaccessible after a power-off/on operation. The affected products are Barracuda 7200.11, Barracuda ES.2 SATA, and DiamondMax 22.

Based on the low risk as determined by an analysis of actual field return data, Seagate believes that the affected drives can be used as is. However, as part of our commitment to customer satisfaction, Seagate is offering a free firmware upgrade.

Please see below for instructions.

In the unlikely event your drive is affected and you cannot access your data, the data still resides on the drive and there is no data loss associated with this issue. If your drive is no longer accessible, click here to contact us directly for further assistance.

Please use the following tools and instructions to determine if you have one of the affected products. If your drive is affected, we recommend that you update the firmware on the disk drive to prevent this condition.

Follow these steps to determine if a firmware update is necessary for your drive:

1. Click here for instructions on how to determine your model and serial number.

2. Click here to use the model number check utility.

3. Click here to use the serial number check utility.

4. Download Firmware:

If both the model number and serial number check utilities advise you to update your firmware, choose your model from the following table for further instructions:

Barracuda 7200.11
ST31000340AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST3640330AS, ST3640530AS,ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS


Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS, ST3750330NS, ST3500320NS, ST3250310NS

DiamondMax 22
STM31000340AS, STM3750330AS, STM3500320AS
STM31000334AS, STM3320614AS, STM3160813AS


If you need assistance updating your firmware you can email us directly at disksupport@seagate.com

Please include the following disk drive information: serial number, model number, and current firmware revision.

We will respond to your email request with appropriate instructions.
--------------------------------------------------

--------------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS, ST3640330AS, ST3640530AS, ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS [207951]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11
Firmware Affected
SD15, SD16, SD17, SD18, SD19

Models Affected
ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS

ST3640330AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.
ST3640530AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, please call us at 1-800-SEAGATE.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
Firmware Update for ST31500341AS, ST31000333AS, ST3640323AS, ST3640623AS, ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS [207957]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11

Models Affected

ST31500341AS
ST31000333AS
ST3640323AS, ST3640623AS
ST3320613AS, ST3320813AS, ST3160813AS


Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

* Note: If your drive has CC or LC firmware, your drive is not affected and no further action is required. Attempting to flash the firmware of a drive with CC or LC firmware will result in rendering your drive inoperable.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
Firmware Update for ST3250310NS, ST3500320NS, ST3750330NS, ST31000340NS [207963]

!!WARNING!!
The software and information in this article could be data destructive and/or render your hard drive inoperable if not followed carefully. It is always recommended to keep a backup of critical data.

This article applies to the following models:

Drive Family
Seagate Barracuda ES.2
Models Affected
ST3250310NS
ST3500320NS
ST3750330NS
ST31000340NS

Recommended Firmware Update
SN06 is the latest firmware *


Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

*Please email discsupport@seagate.com to request a firmware upgrade if your drive is on a release earlier than SN06.

Please include "ES.2" in the subject line of your email request for proper routing.

--------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Seagate 問題:パーツナンバーの枝番とラベル記述

Seagateのハードディスクは、STで始まる型番の他に、「P/N(パーツナンバー)」がつけられています。
パーツナンバーはHDDに貼ってあるラベルの中に「P/N: 6桁-3桁」の書式で記載されています。

基本的に6桁部分が型番に相当するものではありますが、型番が同じでも基板が大きく変わったりすると、6桁部分が変更になる場合があります。

で、後ろの3桁部分は何を表しているかと言いますと、出荷体制みたいなものを表しているようです。


「-300」もしくは「-301」であれば、Seagate社が直接販売したもの。
「-303」などの場合はSeagate社からOEM向けに出荷したもので、基本的には出荷した先でパソコンなどに組み込まれることを想定したもの、という感じのようです。

この3桁部分が違うと、実はラベルの印刷に差が現れます。

・「-300」(ST31000333AS)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-301」(最近)
Need Support? Visit www.Seagate.com.

・「-301」(ちょっと前)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact

・「-302, -303, -304」
This drive is manufactured by Seagate for OEM distribution. For product information or technical support, please contact your system OEM.

・「-305」(7200.10系)
For Technical Support and regional contact information, please visit www.seagate.com/contact


まぁ、OEM向けなのかどうか、一目瞭然という感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

Seagate 問題: 順調にアップデート作業中

すでに発病してしまったST31000340ASについては、残念ながら使用可能な状態にもっていくことはできませんでした。

しかし、それ以外の、まだ発病していない新品のHDDに対しては正常にアップデートが行えています。

・ST31000340AS P/N:9BX158-303 firmware SD15
・ST3750330AS P/N:9BX156-303 firmware SD15
・ST3500320AS P/N:9BX154-303 firmware SD15

総計で50台くらいやってますかね
いまのところ問題はでていないようです。


=== 2009/01/23 19:00 追記 start ===
UnderForge of Lackさんとこで産地が、という話が出てますので、ついでに情報を・・・

今回アップデートを行ったのは以下のものです。

・ST31000340AS
9BX158-303 SD15 09136 WUXISG 中国
9BX158-303 SD15 09192 KRATSG タイ

・ST3750330AS
9BX156-303 SD15 08412 AK8PR シンガポール
9BX156-303 SD15 09097 KRATSG タイ
9BX156-303 SD15 09102 KRATSG タイ
9BX156-303 SD15 09135 KRATSG タイ

・ST3500320AS
9BX154-303 SD15 09072 KRATSG タイ
9BX154-303 SD15 09155 KRATSG タイ
9BX154-303 SD15 09246 KRATSG タイ

あと、現状で対象外になっているものは以下です。
・ST31000333AS
9FZ136-300 CC1F 09215 TK タイ
9FZ136-301 CC1H 09241 WU 中国

・ST3500320AS
9BX153-304 AD14 08484 WUXISG 中国

・ST3320613AS
9FZ162-301 CC1F 09191 TK タイ

他にアップデータ待ちとして、以下がいます。
・ST31000333AS
9FZ136-300 SD15 09186 TK タイ

・ST3320613AS
9FZ162-300 SD11 08386 TK タイ

・ST3250310NS
9CA152-302 SN04 08386 WUXISG 中国


ST3250310NSについては、メールしても返事は無い状態です・・・

参考までに・・・
=== 2009/01/23 19:00 追記 end ===

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

Seagate 問題: Barracuda 7200.11の対応firmwareのリリース開始

ついに以下の機種用のfirmwareが公開されはじめました。

ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS
ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

ST3640330ASとST3640530ASについてはメールをくれ、とのこと。

なお、機種によって、firmwareが違うので注意してください。


そして、一番重要なこと。


しばらく様子見た方が、いいと思うよ

--------------------------------------------
Firmware Update for ST3500320AS, ST3640330AS, ST3750330AS, ST31000340AS [207951]

!!WARNING!!
If the firmware upgrade installation instructions are not followed properly the firmware upgrade could be data destructive and/or render your hard drive inoperable. As Seagate does not warrant the data on your drive, In addition to regular back-ups, if possible, your data should be backed up before upgrading the drive firmware. Additional information on backing-up the contents of your drive can be found at www.seagate.com. Though this firmware upgrade to your product is a change to the product the terms and conditions of your Seagate warranty for the product will remain effective to its normal expiration. For other warranties on your product please consult the warranty documentation provided by your supplier.

This article applies to the following models:

* Drive Family
Seagate Barracuda 7200.11
* Models Affected
* Firmware Affected
SD15, SD16, SD17, SD18, SD19

ST3500320AS, ST3500620AS, ST3500820AS

ST3640330AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3640530AS
Please contact support at disksupport@seagate.com for update.

ST3750330AS, ST3750630AS, ST31000340AS

Please verify your drive model number, serial number, and firmware revision using the Drive Detect software.

If your drive matches one of the models listed in this article and does not match any of these versions of firmware, please call us at 1-800-SEAGATE.

The download is an ISO image which will create a bootable CD. For instructions on how to create a bootable CD please see: How to burn an .iso image onto a CD.

---------------------------------------------------------

=== 2009/01/22 17:45 追記 start ===

で、手持ちのすでにLBA=0現象が発生してしまったST31000340AS firmware:SD15に適用してみました。
結果、無事に「SD1A」へのアップデート「は」、成功しました。

しかし、相変わらずLBA=0と、容量が正常に認識されない状態です。

どうやら、このfirmware適用は、今後起こらないようにする予防処置のようです。
すでに現象が発生してしまっているものに対して、このfirmware適用だけでは、対応できないのではないかと思われます。

まぁ・・・問い合わせは出してみますけどね・・・

=== 2009/01/22 17:45 追記 end ===

| | コメント (0) | トラックバック (0)