バックアップ

バックアップソフトウェア、バックアップハードウェアに関する記事

2010年3月 3日 (水)

仮想テープ装置

OpenSolaris方面で仮想テープ装置が2種類?

COMSTAR SCSI Stream (Tape) Device
kenai.comが閉鎖されるので、現在は、githubに移転している。
ドキュメントが薄いので、どこまで動くかよく分からない。

COMSTAR VTape driver
zpoolの領域をテープデバイスに見立てて、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。
NexentastorというOpenSolarisベースのNASを販売しているベンダが主体となって開発中。
NetWorkerやArkeiaなどで動作確認しているらしい。
チェンジャーデバイスにも対応してくれると、非常に面白いことになりそうなんだけど・・・

SCSI Block Device Pass Through Provider
ローカルのディスクデバイスやテープデバイスなどのブロックデバイスを、COMSTAR経由で外部に見せてしまおう、というドライバ。

・・・・・・・にしても、Arkeia懐かしいなぁ・・・
Linuxをバックアップサーバにしたいという要求がかなえられるソフトウェア、として使っていたころがあったっけ・・・
バックアップ時のスピードメータが印象的でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

コマンドのみでNetWorkerの設定を行う方法

nsradminのvisualモードとか、nwadminとかNMCの使いかたはさておき、クライアントの大量登録にあたっては、やっぱりscriptで一括処理とか行いたい。
そうすると、コマンドのみでNetWorkerの設定を行う方法というのが重要になる。
ここでは、基本的な使いかたを紹介する。
詳しいあたりは各自がんばって

基本手順
(1)nsradmin内で実行するコマンドをファイルに入力する
(2)nsradmin -i ファイル名で実行する

例:クライアントを登録する場合に作成するファイル

create type: nsr client; name:ホスト名; group:Month;browse policy: week; retention policy:week; schedule: Full Every Friday; save set:/etc

例:現在のクライアント設定を確認する場合に作成するファイル

. type: nsr client; name:ホスト名; group:Month
print

例:既にある設定の一部を修正したい場合に作成するファイル

. type: nsr client; name:ホスト名; group:Month
update save set: All

例:設定を削除したい場合に作成するファイル

. type: nsr client; name:ホスト名; group:Month
delete

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

NetBackupのbpbackupコマンドでバックアップ

NetBackupでバックアップする場合、通常は標準のスケジューラを使用してバックアップを行う。

しかし、アプリケーション連動とかしたい場合は、bpbackupコマンドを使用してバックアップを行うこともできる。

(1) まずは、通常と同じような形でポリシーを作成する。
  スケジュールの形式は「完全バックアップ」とか「差分型増分バックアップ」とかで作成する
  開始時間帯は指定しない。
(2) ポリシーの作成を完了するが、bpbackupの実行に以下の情報が必要なのでメモする
  「ポリシー名」「スケジュール名」「NetBackupのマスタサーバ名」
(3) bpbackupを実行する

上記で作った場合は下記のコマンドで実行する
C:\Program Files\VERITAS\NetBackup\bin\bpbackup -p ポリシー名 -s スケジュール名 -S マスタサーバ名 -L c:\temp\backuplog.txt -i
「-i」をつけているので、即時実行になっている。


(1) まずは、ポリシーを作成するが、以下の点が異なる
  スケジュールの形式は「ユーザバックアップ」で作成する
  開始時間帯を指定する
(2) ポリシーの作成を完了するが、bpbackupの実行に以下の情報が必要なのでメモする
  「ポリシー名」「スケジュール名」「NetBackupのマスタサーバ名」
(3) bpbackupを実行する

上記の場合は「-f」オプションで指定したファイル内にバックアップしたいディレクトリ・ファイルのパスを記載して、実行する。
C:\Program Files\VERITAS\NetBackup\bin\bpbackup -p ポリシー名 -s スケジュール名 -S マスタサーバ名 -L c:\temp\backuplog.txt -f c:\temp\list.txt


なお、-Lはログの出力先。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

IBM x346でテープチェンジャーを認識しない

ServeRAID 7k搭載のIBM x346のオンボードSCSIポートでIBM TS3100(TS3200)を使ったところ、ちょっとはまり。

ServeRAID 7kは「ips」ドライバ使用。

TS3100/TS3200はチェンジャーデバイスとしてのSCSI IDを用意せず、テープデバイスのSCSI IDに対して、LUN=1を設定して、それをチェンジャーデバイスとしている。

この状態でLinuxのipsドライバを使用するとテープデバイスのみを認識し、LUN=1のチェンジャーデバイスを認識しない。

/etc/modprobe.confにmax_luns=128と付加しても変わらない。

原因

「ips」ドライバではLUN=0以外のデバイスを認識しない。

対策

SCSIカード増設する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

LinuxバックアップとOBDR

Linuxを簡単にバックアップする手法

Clonezilla
 Clonezilla LiveでUSBやnfsサーバなどへバックアップ・リストア


HPのOne Button Disaster Recovery(OBDR)を、hpの純正ソフトを使わずに使えるか?
hp→IT resource center forums→Linux→system administration「Linux OBDR」
 ここでヒントがある感じ
mkCDrecで作れる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

WindowsのASR

バックアップした物をASRでリカバリすることについて調査。

第4回 ASRのこんな疑問、あんなトラブルを一挙に解決!
Operation KATINA : テープを使ってASR HP版
自動システム回復の実行時にファイルを追加インストールする方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

Clonezilla日本語版

Clonezilla 日本語版
NortonGhostやAcronis True Imageみたいな感じで使えるよ

-------
2008/11/26追加
Clonezilla公式サイトのやつに上記のが取り込まれ、標準で日本語が表示できるようになっています。
Clonezilla-live downloadからダウンロードしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

mtxの使い方

チェンジャーデバイスが/dev/sg?で作られていれば・・・

[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Full :VolumeTag=000001
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 inquiry
Product Type: Medium Changer
Vendor ID: 'HP '
Product ID: 'UHDL '
Revision: '0023'
Attached Changer: No
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 inventory
mtx:inventory failed
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 load 16
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Full (Storage Element 16 Loaded):VolumeTag = 000001

Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

スロット16から持ってきたテープだけど
スロット14にアンロードしてみる
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 unload 14
Unloading Data Transfer Element into Storage Element 14...source Element Address
32 is Empty
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

スロット14から12へ移動させてみる
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 transfer 14 12
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

これを実行したら、hp SSLではマガジンが左右両方ともイジェクトされた
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 eject
マガジン開けっ放しでstatusを実行すると・・・
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
mtx: Request Sense: Long Report=yes
mtx: Request Sense: Valid Residual=no
mtx: Request Sense: Error Code=70 (Current)
mtx: Request Sense: Sense Key=Not Ready
mtx: Request Sense: FileMark=no
mtx: Request Sense: EOM=no
mtx: Request Sense: ILI=no
mtx: Request Sense: Additional Sense Code = 04
mtx: Request Sense: Additional Sense Qualifier = 03
mtx: Request Sense: BPV=no
mtx: Request Sense: Error in CDB=no
mtx: Request Sense: SKSV=no
READ ELEMENT STATUS Command Failed
[root@server root]#
というエラー

ドライブにテープが入っているときに実行してみる
[root@server root]# mt -f /dev/nst0 status
SCSI 2 tape drive:
File number=0, block number=0, partition=0.
Tape block size 0 bytes. Density code 0x49 (Quantum SDLT320).
Soft error count since last status=0
General status bits on (41010000):
BOT ONLINE IM_REP_EN
[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Full (Storage Element 12 Loaded):VolumeTag = 000001

Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Empty
Storage Element 9:Empty
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Empty
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#


[root@server root]# cat /proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: SEAGATE Model: ST373405LW Rev: 0003
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 03
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 05 Lun: 00
Vendor: COMPAQ Model: SDLT320 Rev: 4B4B
Type: Sequential-Access ANSI SCSI revision: 02
Host: scsi1 Channel: 00 Id: 05 Lun: 01
Vendor: HP Model: UHDL Rev: 0023
Type: Medium Changer ANSI SCSI revision: 02
[root@server root]#


スロット8にバーコード無しを入れてみた

[root@server root]# mtx -f /dev/sg2 status
Storage Changer /dev/sg2:1 Drives, 16 Slots ( 0 Import/Export )
Data Transfer Element 0:Empty
Storage Element 1:Empty
Storage Element 2:Empty
Storage Element 3:Full :VolumeTag=000002
Storage Element 4:Empty
Storage Element 5:Empty
Storage Element 6:Empty
Storage Element 7:Empty
Storage Element 8:Full
Storage Element 9:Full :VolumeTag=SDLT001
Storage Element 10:Empty
Storage Element 11:Empty
Storage Element 12:Full :VolumeTag=000001
Storage Element 13:Empty
Storage Element 14:Empty
Storage Element 15:Empty
Storage Element 16:Empty
[root@server root]#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

システムリカバリCDを作る

Clonezilla
http://clonezilla.sourceforge.net/

Ghost4Linux
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=119810
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070213_ghost4linux/

| | コメント (0) | トラックバック (0)