Windows

2014年11月21日 (金)

hp BL460c Gen8+FlexFabric 534FLBではWindows2012R2がまともにインストールできない(解決策あり

hp Blade System C7000に入れるサーバブレードのBL460c Gen8。
CPUの選択によっては、標準でFlexFabric 534FLBがついてくる構成がある。
こいつがスゴイ問題児。

何が問題って、標準で入ってるくせに、BL460c Gen8のIntelligent Provisioningに非対応。
悪質なことに、非対応、ということについて、どこにも記載されていないかった。
それどころか、当初は問い合わせても、動かない理由は分からないからログ送れ、とか言われる始末。

次に悪質だなぁ、と思ったのは、hpが提供するWindows Server 2012R2のOEMメディア。
2014年6月版とか書いてあれば、普通、hpが自分のところのサーバで動くようにカスタマイズしているんだな、とか思うじゃん?
実際、インストールできる環境でインストールすれば、hpが追加したとおぼしきものが入ってるわけじゃん?
でも、534FLBには非対応。


534FLBを使って、FCストレージを使ったSAN bootしようと、このOEMメディアでブートしても、ディスクが見えない。
534FLBのドライバを手動で追加してみると、ドライバの読み込み途中でシステムが再起動する、という怪現象。

意味がわからんと「HP Boot from SAN Configuration Guide」を参照してみると、Windows Server 2012/2012 R2の場合、「A Slipstreaming Broadcom Drivers into Microsoft Windows Server 2012/2012 R2 Image Files」を行う、とか書かれている。

そもそも、534FLBがBroadcom製なのか、という点が明示的に書かれていないのなぁ、と思いつつやってみると、なんとかWindows Server 2012R2のインストールが開始できた。

・・・・・・・と書くと、単純な問題っぽいじゃん?
これがまた、いろいろ問題があってさ。

Microsoft純正のWindows Server 2012 R2メディアを元に作業を行うとうまく行くのさ。
ところがhpのOEMメディアを使うと失敗。
理由がよくわかんなかったんだけど、DVDをやこうとして原因発見。
hpのOEMメディアはDVD-DLで4.7GBを超えている、ということ。

「HP Boot from SAN Configuration Guide」に記載のisoファイル作成のコマンドでは、4.7GBを超えた場合、正常に動作するISOファイルを作成できない、という問題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

Windows2008R2でサーバマネージャ上でエラーが表示される件

テスト用にWindows Server 2008R2 (SPなし)をインストールしたら、こんな画面になった。
001


0011
サーバマネージャの「役割」と「機能」について「エラー」と表示される。

エラーの内容を確認する。

002
サーバマネージャの更新中に予期しないエラーが発生しました。
リモートプロシージャコールに失敗しました。
(HRESULT からの例外: 0x800706BE)


対処方法は「システム更新準備ツールによる Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 の Windows Update エラーの解決」をインストールすること。


今回の場合は「サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)」のファイルをインストールした。


インストール後は

006

と、特に問題なく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

省メモリWindows7環境

仮想デスクトップ環境(VDI)向けで使うWindows7を簡単操作で省メモリにできるツール

・Microsoft The Deployment Guys: Optimising Windows 7 Images for use in VDI
ここで配布しているVDIOptimizerがソレ
Windows 7/Vista/Windows2008が動作対象。


どれくらい省メモリになるのかを紹介している記事が↓
Quest vWorkspace Communities: Tuning Windows 7 for VDI with Group Policy
前述のVDIOptimizerは各ユーザでの適用になるが、それをグループポリシーで適用するためのスクリプトについても掲載されている。それがWin7LiteGPO.zip。

それを適用すると、メモリの使用状況が、標準で 511MB使っていたのが、319MBにっ!
ただ、これは英語版での話で、日本語版だとメモリ使用はもっと増える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

無償系アンチウイルスソフト

以前もいろいろ紹介したけど、情報のアップデート。

2013/10/28 現状の動向を追記

Ad-Aware Free Internet Security
元々Spayware除去のソフトとして有名だったAd-Awareにアンチウイルス機能もついた。

2013/10/28:現在も無償版提供中。

avast!
日本語UI付きでフリーとして実績があるところ。
「無料アンチウイルス」とあるやつが無料版。
登録が必須で、期間は1年。1年後、再登録すれば継続可能。
以前はWebで登録して、メールで登録コードが送られてきたが、いまはアプリUIから登録して即登録完了になっている。

2013/10/28:現在も無償版提供中


AVG Anti-Virus Free Edition 2011
英語版は結構昔っからフリーで配布している老舗。
現在は日本語インタフェース版もある。

2013/10/28:現在はAVG 2014になっている。無償版も継続中

Comodo Internet Security
基本英語版だが、非公式wikiなどで日本語リソースが配布されている。
「商用で使っても良い」「firewall機能付き」というのが大きな特徴

FortiClient Endpoint Security Suite Standard Edition
英語のページだけどインストールすると日本語UIになってる。
FirewallとVPN Client付き

2013/10/28:無償ではなくなった。

Panda Cloud Antivirus
クラウド型をうたっているウイルス対策ソフト。
日本語UIあり。
細かい設定とかは一切ない。簡単といえば簡単だけど、何もなさ過ぎて動いてるのか不安。
Panda自体はアンチウイルスで実績がある会社。

2013/10/28追記
なぜか上記のグローバルサイトから「日本代理店」へのリンクが見付からない。
英語のページからプログラムをダウンロードしても、ちゃんと日本語版である模様


RISING FREE Antivirus
日本だとウイルスキラーとして販売しているRising Antivirusの無償版。
2008頃はウイルスキラーのアップデータから日本語リソースを持ってくると日本語インタフェースになったんだけど、2009以降はうまくいかない感じ。

2013/10/28 追記
2013年9月9日付けで、Risingの英語サイトが停止された。
それに伴い、英語版Rising Antivirusのプログラムが無償化されている。
いつまでパターンファイルのダウンロードが可能なのかは記載されていない。
中国サイトは普通に運営されているように見える。


PC Tools Antivirus
2010年に日本に進出してきたPC Tools AntiVirusも英語圏では無償版がある。日本語版は出てない。Symantecに買収されている。
Firewall機能のみでアンチウイルス機能は無いPC Tools Firewall Plus 6日本語版がある。

2013/10/28: 結局、AntiVirusやfirewallなどのセキュリティ関連はSymantecでの提供ということになり、2013/5/18付けで提供終了。


Microsoft Security Essentials
マイクロソフト純正で日本語UI付き。
個人向けの他、ホームオフィスでも使用できる。

2013/10/28: WindowsUpdateでアップデートもできるため最低ラインとしての地位を確立


Avira AntiVir Personal - FREE Antivirus
日本語UIあり。
昔は結構使いにくい感じのUIだったりもしたけど、最近はまともな感じになってきている。
ライセンスコードが期限切れになったりしていたらここの手順でアップデートする。

2013/10/28: 日本語ページがちゃんと出来た


gred Anti Virus
クラウド型をうたっているウイルス対策ソフトImmunet Protect FREE Antivirusの日本語版
他のantivursソフトと共存もできることをうたっている。
(併用可能なAntivursソフトリスト)

2013/10/28追記
gred アンチウイルス」に移転した。
一見無償版がなくなった様に見えるがダウンロードをみると、ちゃんとあることが分かる
最新版の併用可能なソフトについては、上記のダウンロードページ内に記載があるが、製品が古いような気が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

WSHでプログラムの標準出力を取り込む

netshコマンドでIPアドレスを設定した時、その出力結果をファイルに保存したいと思った。

=====================================================
Set debugfso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set debugf = debugfso.OpenTextFile("c:\\debug.txt", 8)
NETSHCMD = "netsh interface ip set address ~"
Set ObjExec = WshShell.Exec(NETSHCMD)
Do While objExec.Status = 0
 WScript.Sleep 100
Loop

If Not ObjExec.StdErr.AtEndOfStream Then
 set Results=ObjExec.StdErr.ReadAll()
 debugf.WriteLine(Results)
ElseIf Not ObjExec.StdOut.AtEndOfStream Then
 set Results=ObjExec.StdOut.ReadAll()
 debugf.WriteLine(Results & " ")
End If
Set objExec = Nothing

debugf.Close
=====================================================
これだと、エラーになった。
具体的には「set Results=ObjExec.StdOut.ReadAll()」の部分。


以下の様に変えたらうまくいった
=====================================================
Set debugfso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set debugf = debugfso.OpenTextFile("c:\\debug.txt", 8)
NETSHCMD = "netsh interface ip set address ~"
Set ObjExec = WshShell.Exec(NETSHCMD)
Do While objExec.Status = 0
 WScript.Sleep 100
Loop

Do While Not ObjExec.StdErr.AtEndOfStream
 debugf.WriteLine(ObjExec.StdErr.ReadAll)
Loop
Do While Not ObjExec.StdOut.AtEndOfStream
 debugf.WriteLine(ObjExec.StdOut.ReadAll)
Loop
Set objExec = Nothing

debugf.Close
=====================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

Felicaドライバとかいろいろ

・ドライバ編
RC-S330,RC-S320シリーズ,RC-S310/J1C,RC-S310/ED4C用ドライバ
RC-S310/ED3,RC-S310/ED2用のドライバ
IOデータのぴタッチ USB2-NFC用のドライバ(注:Sonyパソリシリーズと構造が違うので、この製品に正式対応していない限り、アプリが動きません)

・アプリ編
SONY公式で認定しているアプリリンク集
Justsystem社アプリ集
FeliCa2Moneyというカードの精算ログを集計するソフト(Felicalibの応用例)

・ログイン
電机本舗ってところで、PeopleLogOn Freeware版ってのがあるけど、2009年3月以来放置されてるっぽいので、紹介は無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

指紋認証

新しいパソコンが指紋認証機能ついていた。
で、リモートデスクトップでログインしてみると、指紋認証がリモートでも使えるらしい。
そんなわけで、ジャンクで買った指紋認証リーダの実験を兼ねて調査。


新パソコン:Lenovoのノート
ジャンクの指紋認証リーダ:富士通 FS-220U


FS-220Uは、サイレックス・テクノロジーのFUS-200NのOEM品。
ドライバはサイレックスのページで配布しているアプリケーションソフトウェアのSX-Biometrics Suite内に同梱されている。
解凍してドライバを個別適用すれば、ログインソフトウェアなどをインストールすることなしに、デバイスマネージャ上に[USB(Universal Serial Bus)コントローラ]-[Fingerprint USB sensor]として登場させることができる。

で、実験。
無理でした。
どうやらメーカが違うので認識状況が違うような感じ・・・


Lenovoのやつは、Authentecのものらしい。
なんでも、Lenovo (IBM ThinkPad), HP, ASUS, Acer, Dell, Fujitsu, Fujitsu Siemens, LG, Samsung, Toshibaが採用しているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

VI ClientをLinuxで使う

VMware ESXを管理するためにVI clientがいるわけだが、Windowsでしか動かない
Linuxでもなんとかならないかを試行錯誤した記録

環境: CentOS5

1. wine導入
# rpm -Uvh rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release5-3.noarch.rpm
# yum install wine

2. 1回起動して~/.wineを作る
# wine VMware-viclient.exe

3. フォントをコピー
IPAモナーフォントを使用
配布ファイル内のipagui-mona.ttfをコピー
# cp fonts/ipagui-mona.ttf /usr/share/fonts/ja/TrueType/
全ユーザ向けではなければ以下にコピー?
# cp fonts/ipagui-mona.ttf ~/.wine/drive_c/windows/fonts


4. wineのレジストリファイル修正
試験運用中なLinux備忘録:Wine上のフォントについての設定からwine

ポイント
・レジストリ登録用ファイルをShift_JISコードで作る
・上記で作ったファイルを「regedit ファイル名」と指定して登録する。


5. .NET Framework 2.0のインストール
KMS International: wine 0.9.59 で.NET Framework 2.0CommentsAdd Star
・cabextractをインストールして
・wget http://kegel.com/wine/winetricks で
・sh winetricks corefonts dotnet20
とすると、依存ファイルを自動ダウンロードして、インストーラ実行してくれる。

6. つづいて、.NET Framework 3.0
WineHQ: .Net Framework 3.0
ここによると「winetricks dotnet30」っぽいがうまくいかない。
って、「winetricks volnum」も必要だった

"MSVCR80.dllのエラーもでたので、「winetricks vcrun2005」も追加

「English」であれば、文字化けなしでインストールできた。

でも、VpxClient.exeを実行してみるとエラーで起動せず
ムズいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

デフラグソフト

Windows用デフラグソフトのメモ書き

日本の定番:すっきり!! デフラグ

なんかえらく早くデフラグされちゃう:Auslogics Disk Defrag

結構高機能っぽい:Defraggler

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

プチフリーズ対策

SSDを使っていると、その特性上、ときどき書き込みが止まるような感じになることがある。
それを多少なりとも改善するためのソフト

Bufflo Turbo SSD
FlashFire

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧