« postfixでvpopmail/qmailadminみたいなこと | トップページ | socketプログラミング »

2008年6月23日 (月)

メガリスドライブクライアント製作資料

・センターサーバのポート51031に接続
・「バージョンチェック送信」→「サーバ応答」→「コマンド送信」→「サーバ応答」→「サーバから切断」という形で、コマンドごとに毎回再接続する。
・コマンド書式は「cmd\tコマンド,オプション,オプション」
・応答は「日付\t場所\t cmd\tコマンド,コマンド結果,コマンド結果....」
部屋のIDを取得後は、リストに表示されているIP:ポートに直接接続してやりとりを行う。

バージョンチェック
cmd\t/chkver,101

部屋リスト取得
cmd\t/r_list

アイコン取得
cmd\t/icon_url,chrid,パスワード,tw2

部屋作成
cmd\t/r_make,ポート番号,部屋名,GM名,0,人数,0,none,パスワード,true
パスワードないときは「@none」

部屋にいる人確認
cmd\t/r_stat,部屋名,GM名,0,人数,0,none,@none,true


確認おわったら、直接相手に接続?
中継サーバ経由の場合は「51032」?


最初の数字は部屋番号
ログイン
1214209129#dummyID#hostclient#auth#cmd /login,名前,パスワード,0,http://t-walker.jp/illust/product/tw_b/~.jpg
メッセージ
1214209129#client_/クライアントIP_ポート番号#hostclient#gen#msg test
吹き出しon、offは最後を「false」にする
1214209129#client_/クライアントIP_ポート番号#hostclient#gen#cmd /inputmes,client_/クライアントIP_ポート番号,true
現在のメンバー一覧
1214209129#client_/クライアントIP_ポート番号#hostclient#gen#cmd /getmemberlist

部屋番号を無理やり変えてもほかの部屋のメンバー一覧は取れない

|

« postfixでvpopmail/qmailadminみたいなこと | トップページ | socketプログラミング »

プログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガリスドライブクライアント製作資料:

« postfixでvpopmail/qmailadminみたいなこと | トップページ | socketプログラミング »